« クリフォード・ブラウン メモリアル | トップページ | ル・コントの「カルメン」 »

2012年7月 8日 (日)

ジュリアス・ベイカーのフルート

本日朝から町内の津波避難地の草刈り作業。

昨年の東日本大震災以来、我が家の裏山の平坦地が町内の緊急避難地ということになり、年に二度ほど町内会で伸びた雑草を刈ったりと整備をしている。

今日は町内の有志が60人ほど集まった。これだけいると作業ははかどり小一時間ほどでほぼ終了。

せっかく集まったのだからと誰言うともなく、川の土手の草刈りもしようということになった。
2012070810020000 ところが意外と大変な作業になってしまった。
作業が進むにつれて、皆しだいに口数が少なくなっていった。

全て終わったのがちょうどお昼。昼用のコンビニのおにぎりと缶ビールをいただき帰宅。

シャワーを浴びてお昼を食べたら眠くなりそのまま爆睡。

目覚めたのは3時過ぎ、そのまま牛臥山公園まで目覚めの散歩に行くと、ちょうど先月の 台風で座礁したマグロ運搬船が座礁したあたりで小型ヨットのレースをやっていた。

2012070813490000_2
今日はアメリカのフルーティスト、ジュリアス・ベイカーのビバルディを聴く。

http://www.h7.dion.ne.jp/~urok/fl/baker.htm

フルート協奏曲「ごしきひわ」と三つのピッコロ協奏曲を集めた米ヴァンガード原盤の国内盤LP.

伴奏は「ごしきひわ」とピッコロ協奏曲の1曲がヤニグロ指揮のザグレブソリスデン、二曲のピッコロ協奏曲がプロハスカ指揮ウィーン国立歌劇場管というもの。

20010101_00000020010101_04
ベイカーはピッツバーグ、シカゴ、ニューヨークの三つのメジャーオケの首席奏者を歴任した大変な名手。

フランスのフルーティストとはまた異なる明るい音色と完璧な技巧で聴かせてくれる。

特に溌剌とした躍動感あふれる「ごしきひわ」非常な名演。第二楽章のシチリアーナも美しくしみじみと聴かせてくれる。
Youtubeはベイカーとランパルの共演

|

« クリフォード・ブラウン メモリアル | トップページ | ル・コントの「カルメン」 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリフォード・ブラウン メモリアル | トップページ | ル・コントの「カルメン」 »