« ハミルトン・ハーティ作品集 | トップページ | 「火垂るの墓」のラストシーンで流れていたガリ・クルチの「埴生の宿」 »

2012年10月 5日 (金)

本日の練習、30周年記念演奏会の選曲

季節の流れは秋、とはいえ気候の変動は年毎に顕著になり、お彼岸のシーズンにピタリと合わせるように咲いていた彼岸花の開花は今年は遅れ気味だし、いつも今頃咲き始める庭のキンモクセイは未だ咲く気配もなし。
10月3日は沖縄生まれの愛犬ポコの1歳の誕生日。
S_p9160324


相変わらずの甘ったれだが多少は大人になった。


今週は予想通りハードな週となり毎日帰宅は夜遅く、ブログの更新もままならない。
昨日のオケの練習もとても出れる状況になかったのだが、先週休んでしまったので仕事を中抜けして途中から参加することにした。

2012100420180000


会場に着くとオケはフルメンバーが揃い「エジプト行進曲」が鳴っていた。
指揮は和田先生。
響きが幾分クリアとなり、フォルテでも各楽器の音色が聴き分けられる。
オケのモチベーションが上昇し2週間前に比べるとレベルが上がっているようだ。

続く「モルダウ」は大きな枠組みは出来ているものの、パートによって完成度の差があるのが気になる。とはいえ先週休んだ自分は大きなことは言えない。

練習終了後の30周年記念演奏会の中身を決める技術委員会も出席したかったのだが、そのまま本日の仕事の最後の詰めの準備で再び職場へ逆残り。

そのうち激しい雨が降り出して大雨洪水警報発令。

30周年の記念の年の候補曲を選ぶオケの技術委員会はかなり紛糾したとのこと。

候補に上がった曲目一覧を見ると、面白みと意外性にやや欠けるほぼ予想された曲が並んでいる。

自分もいくつかの腹案を持っていただけに参加したかったな。

|

« ハミルトン・ハーティ作品集 | トップページ | 「火垂るの墓」のラストシーンで流れていたガリ・クルチの「埴生の宿」 »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハミルトン・ハーティ作品集 | トップページ | 「火垂るの墓」のラストシーンで流れていたガリ・クルチの「埴生の宿」 »