« 本日の練習、下田先生のレッスン2回目 | トップページ | サヴァリッシュ逝く »

2013年2月23日 (土)

コルボのモンテヴェルディ「マドリガーレ選集」

朝から良い天気の休日。花粉症の影響か、喉に違和感と目がしょぼしょぼしてきた。
S_p2050581

一本の同じ枝に3種(紅、白、薄紅、)の花を咲かせる梅、「思いのまま」が今年も庭に咲き始めた。今のところ白と薄紅が咲いている。


今日は午後から、一人で大学生活を始める下の娘ために、家内と娘と3人で家電その他生活用品の買い出し。
途中腹ごしらえのために隣町の「ステーキとサラダバーの店、毎日牧場」に寄る。
http://www.mai-boku.jp/

ここのランチはサラダバー付きで780円。
メインのサービスステーキはずいぶんと小さくなったが、サラダーバーのカレーがうまいので許す。ここで食べすぎて一同眠くなってしまった。

ニトリと近くのエイデンの2店をはしごし、なかなか決断できぬ二人に付き合いウンザリ。それぞれ一時間以上を費やして店を出たときはすっかり日が暮れていた。

このところルネッサンスからバロック期にかけて活躍したイタリアの大作曲家、モンテヴェルディのマドリガーレをこつこつ聴いている。

S_p2050600
演奏はミッシェル・コルボ指揮ローザンヌ声楽アンサンブルその他によるエラートのLP5枚組。


失われた作品が多いとはいえ巨人モンテヴェルディの残された作品群は、同時期の作曲家の中でその存在感は群を抜いている。

このコルボの選集は、230曲ほど残されたマドリガーレ集の中から50曲をセレクトしたもの。

世俗歌曲風の独唱曲からカンタータのような立派なオケの伴奏を伴った曲まで内容は実に多彩。


コルボの演奏は70年代の録音とはいえ、長らくこの曲の代表的な演奏として君臨した説得力の強さで未だに存在意義を失っていない名盤。

Youtubeはモンテヴェルディの「ニンフの嘆き」、ヌリア・リアルの歌

|

« 本日の練習、下田先生のレッスン2回目 | トップページ | サヴァリッシュ逝く »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の練習、下田先生のレッスン2回目 | トップページ | サヴァリッシュ逝く »