« 5月のボエームの会、ぷらす2名 | トップページ | 沼津港BAR »

2013年5月24日 (金)

本日の練習、下田先生との最終合わせ

早くも週末、5月も残り少なくなってきた。
三浦雄一郎さんの80歳でのエヴェレスト登頂、人間の持つ可能性の大きさを示し、多くの人に勇気を与えてくれた快挙。

この日の株価は大幅に値を下げたが嬉しいニュースに救われた思い。

そして昨木曜日はオケの練習日。

このところ自分の体内時計は時の経過が非常に速く、今回の定演は自分の中で充分に発酵せぬまま本番を迎えてしまいそうだ。
練習はとうとう本番前日を残すのみとなってしまった。
・・・・どうしよう。(・・;

S_20130523_191029


昨日の練習は、ソリストの下田太郎先生を迎えてのR.シュトラウスのホルン協奏曲第1番。


コンチェルトは自分は降り番だし、後半は弦分奏とのことなので欠席しても良かったのだが、先週休んでしまったのでロビーで不安の残るドヴォルジャークのペダル音を中心にさらうことにしていた。

さらにちょうど下田先生にご指導をいただいたこともある上の娘が一時的に帰省していて、娘も練習を見学することになった。
仕事を定時に終わらせ図書館で娘と待ち合わせCOCOSで軽く食事の後会場の沼津市民文化センター大ホールへ。

ホールに着くとちょうど練習が始まるところ。

ステージの立ち位置によってソロの響きがかなり変わってくるので、最初は先生も試行錯誤の様子。やがて場所も決まり調子が出てきて、パワフルなホルンがホールいっぱいに鳴り響いていた。

自分といえば結局練習はさほど出来ず、プログラムのゲラ原稿をチェックしたり先生の演奏を聴いていたりで時間が経過。

練習終了後に娘を連れて先生にご挨拶。

先生は昼間には「春の祭典」のリハーサルだったとのことで、疲れを知らないさすがのプロの技に娘も感嘆の様子でした。
http://yomikyo.or.jp/2013/02/post-330.php

そして今宵は市主催のクラシックディスクコンサートで解説。
長くなりましたので詳細は明日。

Youtubeはドールの吹くR.シュトラウスの1番

|

« 5月のボエームの会、ぷらす2名 | トップページ | 沼津港BAR »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月のボエームの会、ぷらす2名 | トップページ | 沼津港BAR »