« ケンペのフンパーディンク | トップページ | 久能山東照宮の音楽の神々 »

2013年8月 9日 (金)

ルモーテルのドビュッシー

体調は低い水準で安定、かかりつけの二つの医院はほぼ同じ所見。
咳と鼻水は風邪の症状だが全身に疲労感はそれだけではないような気がする。
大きな病院での検査が必要だろうか?

お盆が近づきなんとなく夏休み気分。
下の娘は帰省して自動車学校に通い始め、上の娘も明日帰って来る。

S_p1010007_2昨日からレコードプレーヤーの調子がおかしい。

いままで安定して作動していた愛用のトーレンスのTD320と SME3009R組み合わせが、一時的に左側から音が出なくなった。カートリッジを変えても同じ。

かなり酷使していたので休日にじっくりとメンテナンスしてみよう。

帰宅後はベルギーの指揮者ルモーテルのドビュッシー。
バレエ「おもちゃ箱」と「子供の領分」の組み合わせでいずれもアンドレ・キャプレのオーケストレーション。

0718_226_2ルモーテルはセントルイス響やモンテカルロのオケを振った後はフリーとして活動し、若くして逝ってしまったので目立たぬ存在となっているが、セントルイス時代の演奏を聴くとメロウで滑らかな音色と、しなやかな呼吸を伴った柔軟なリズム感が特色であったように思う。


ルモーテルのフランス音楽では「海」や「牧神の午後への前奏曲」、ラヴェルやデユカスなどの録音がVOXにあったが、鈍い録音もあってルモーテルの良さを伝えているとは言い難い。

その点このフィリップス盤は録音も良くルモーテルの特色を良く捉えている。

Youtubeはブルーノ・カニーノの弾く「子供の領分」

|

« ケンペのフンパーディンク | トップページ | 久能山東照宮の音楽の神々 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケンペのフンパーディンク | トップページ | 久能山東照宮の音楽の神々 »