« コルネットとサックバットのための音楽 | トップページ | ジェラール・ブーレのドビュッシー »

2013年9月20日 (金)

本日の練習、タンホイザー始まる

月曜に台風直撃があったとはいえこの週は空気も澄み涼しく良い天気が続き、雲も少なく仕事場からは富士山が良く見えた。

仕事はかなり急を告げているが、もう慢性的な状態となり、このところは気にならなくなってきた普通の状態。
今は三連休を前に気分は浮いている。

昨日は一週間ぶりのオケの練習。場所は市民文化センター小ホール。

S_20130919_201416


指揮は団内指揮者F君で第九の前プロの「タンホイザー」を初めて合わせた。


内容は歌劇「タンホイザー」全曲3時間をおよそ25分にコンパクトにまとめた歌入り交響的断章とでも言えるもの。

S_20130919_200047エリザベートのアリアやヴォルフラムの「夕星の歌」、巡礼の合唱など有名曲は大方網羅されている。

合唱部分はブラス群のコラールで補う独特の版。


なにしろ初めてなのでカット部分と曲の順番を確認しながらの練習となった。

一部パートにドレスデン版とパリ版が混在。なかなか前に進まない手さぐり状態。

序曲を定演で取り上げたこともあり、おなじみの旋律が出るとオケのメンバーにも安堵の表情。

いずれにせよ道のりは遠し、第九も第2楽章以外は手つかず状態だ。

S_20130920_205525
沼響のHPの聴き比べコラム、チャイコフスキーの第5番を聴くに、カラヤンの1953年イタリアライヴの感想をアップしました。


トリノのイタリア放送局のオケ。
第4楽章にフルトヴェングラーと同じカットのある驚きの演奏。
http://www.numakyo.org/cgi-bin/tchai5.cgi

Youtubeは「タンホイザー」からフィナーレ

|

« コルネットとサックバットのための音楽 | トップページ | ジェラール・ブーレのドビュッシー »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コルネットとサックバットのための音楽 | トップページ | ジェラール・ブーレのドビュッシー »