« ヴィンシャーマンのオーボエ・ダ・モーレ協奏曲 | トップページ | 永井荷風「濹東綺譚」 »

2013年9月12日 (木)

ガーシュインの「クレイジー・フォー・ユー」

朝夕の涼しさに比べ日中は30度を超える暑さ、出遅れたミンミンゼミが裏山で一匹寂しく鳴いていた。
仕事は来年度を見据えいよいよ今年後半の山場にさしかかるところ。

先週から左ひざの痛みがキツくなってきたので、昨日はとり残した夏休み消化を兼ねて一日休みをいただいた。
昨日朝、通常出勤する時間に家を出て市街地中心にある行きつけの病院へ。
ここは職場から近く通院に便利。

ところが病院に着くと様子がおかしい。
病院玄関の張り紙には、本院は9月7日をもって休院となりましたとのこと。

がーん!

この病院は60年の歴史のある市内でも有数の整形外科の専門病院で、母も数年前にここで手術をした。いつも多くの患者で混んでいたのだが・・・・。

どうやら同じ経営者のもうひとつの病院と統合したらしい。同系列のもうひとつの病院は自宅から歩いて行ける距離。

そちらに行くと診療時間前だというのに広い駐車場は満車状態。待合所も多くの患者であふれていた。今まででも飽和状態だった二つの病院が一緒になったのだから無理もない。

結局受付開始から診てもらうまで2時間半はこの混み具合からすると早い方だろう。
カルテは前の病院のものが引き継がれていた。
レントゲンの結果は異状なし、加齢からくるものだろうというのは昨年の見立てと同じ。

S20130912_193810今週はオケの練習はお休み。珍しく早く帰れた木曜日。


今宵は先月オープンしたカフェ&インテリアショップ「MissionBay」に家内と行ってきた。

S20130912_190423
ドイツのパンケーキ「ダッチベイビー」がふわりとしていて美味。

ついでにお洒落な日常雑貨をいくつか購う。


昨日から今日にかけてはガーシュインのミュージカル「ガール・クレージー」を現代風にアレンジした「クレージー・フォー・ユー」のサントラCDを聴いていた。

513oyr63qnl__sl500_aa300__21930年に初演されたミュージカル「ガール・クレージー」はBut Not for Me・I Got Rhythm・Embraceable
Youなどの有名なナンバーを含むガーシュインの名作。


「クレージー・フォー・ユー」は「ガール・クレージー」をベースに、ガーシュインの他のミュージカルナンバーや未発表曲を加えた1991年の新作ミュージカル。


未発表曲の発掘にはこの当時存命だったガーシュインの兄アイラの夫人の協力も得ているという。

このCDは、ハリー・グローナー、ジョディ・ベンソンほかのオリジナル・ブロードウェイキャストによるもの。
オケはポール・ジェミニアーニ指揮のテッドロック交響楽団。
各所で聞かれるタップの鮮やかなこと。

それぞれのキャストの見事な歌とセリフ、なによりもガーシュインの珠玉の作品の数々が楽しい。

Youtubeはガーシュイン自身が弾く「I Got Rhythm」

|

« ヴィンシャーマンのオーボエ・ダ・モーレ協奏曲 | トップページ | 永井荷風「濹東綺譚」 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィンシャーマンのオーボエ・ダ・モーレ協奏曲 | トップページ | 永井荷風「濹東綺譚」 »