« ガーシュインの「クレイジー・フォー・ユー」 | トップページ | ペーター・マークのシューベルト »

2013年9月14日 (土)

永井荷風「濹東綺譚」

今日から3連休、とはいえ南の海上から台風が接近中。
予報では16日未明に東海地方に上陸の可能性があり、明日から引きこもりとなりそうな気配。

P1000416昨日は仕事を終え、若手職員達と市街地中心の中央公園特設会場での「沼津自慢フェスタ」に行っていた。http://numazu-pride.net/

ここはかつての沼津城本丸跡地。ビアガーデン会場は近くの狩野川からの風も入り適度な暑さで地ビールもうまい。
ステージでは地元のゴスペルグループやバンドが演奏していた。

適度にアルコールが回った時点でお先に会場を後にする。

P1000421
今日の午後は同じ会場に家内と行っていた。車で行ったので酒は飲めない。

ステージではご当地ユニット「オレンジポート」のメンバーがひょっこりひょうたん島のテーマなどを歌っている。

屋台のイカ焼きその他を食べながら時間をつぶしていたが、ビールが飲みたくなった。特設バーのバーテンダーたちも良い雰囲気だった。

このところ通勤の車中で、新潮社の「朗読日本文学大系 近代文学編」のCDを聞いている。http://www.heibonnotomo.jp/kayoukyoku/id342sub.html


S_20130622_223311

芥川、菊池寛、梶井基次郎らの昭和初期の名作群を経て、永井荷風の「濹東綺譚」を聞き終えたところ。

自分が今まで読んだものもありそうでないものもあり。といった具合でなかなか面白いものだが「濹東綺譚」ともなると聞いただけでは意味不明の熟語が続出。

筋は面白いし朗読(神山繁)もうまい。
とはいえなんとももどかしい気がして、
結局青空文庫からタブレットにダウンロードし再び活字で読んだりしている。

実際活字で読むと氷解する部分も多い。朗読で楽しめる作品は限られているようだ。

S_20130911_205315S_20130911_205355沼響のHPの聴き比べコラム「ブラームスの2番を聴く」にフルトヴェングラー指揮ロンドンフィルの演奏の感想をアップしました。
http://www.numakyo.org/cgi-bin/bra2.cgi

|

« ガーシュインの「クレイジー・フォー・ユー」 | トップページ | ペーター・マークのシューベルト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガーシュインの「クレイジー・フォー・ユー」 | トップページ | ペーター・マークのシューベルト »