« モントゥーのベートーヴェン交響曲全集 | トップページ | 本日の練習、あと3日 »

2013年11月27日 (水)

デ・ワールトのマーラー

忙中閑有り、このところ一週間の経つのが実に速い。

今日は予定していた仕事が入らなかったので定時退社し、そのままかかりつけの医者に行き定例の血液と尿検査。血圧、血糖値、尿酸値は年齢相応の値。体重が微増気味で運動不足を指摘された。

日中は良く晴れて仕事場からは雪を被った富士がよく見えた。
1453394_480701048715954_45153574_n
ところが夜10時を過ぎるころから激しい雷雨。

「第九」の本番まであと4日だが、気分はなんとなく30回定演の「巨人」にシフトしつつありスコアを見たりしている。

版の問題を調べたりしているうちに、6年ほど前に仕事の関係でご一緒することができた金子健志先生から、マーラーの「巨人」のハンブルク稿について直接教えを受けたことなどを懐かしく思い出した。

沼響の演奏会に取り上げる曲の聴き比べ連載も忙しさにかまけてすっかり怠けてしまっているけれども、「巨人」の聴き比べを始めてみようかと思う今日この頃。

47591615l_2外の盛大なカミナリと雨音を聞きながらエド・デ・ワールトのマーラーを聴いている。
曲は交響曲第4番。 
オケはオランダ放送フィルにソプラノはシャルロッテ・マルジョーノというもの。

幾分速いテンポの中に細かくて暖かなテクスチアを感じさせる演奏だ。

コンセルトヘボウの豊かな響きをうまくとらえた録音も非常に良い。

・・・また近くにカミナリが落ちた。

Youtubeはデ・ワールトのマーラーの交響曲第3番から

|

« モントゥーのベートーヴェン交響曲全集 | トップページ | 本日の練習、あと3日 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モントゥーのベートーヴェン交響曲全集 | トップページ | 本日の練習、あと3日 »