« 大町陽一郎&九州交響楽団のウィンナワルツ集 | トップページ | 大町陽一郎のブルックナー »

2015年1月30日 (金)

本日の練習 、小森先生の指揮

1月最終の金曜日は朝から冷たい雨、東京や静岡の一部では雪も降った。

今日は一日休んで定期健診。
最近視力の低下が気になった眼科を中心に雨の中医者通いでほぼ1日。
大きな異常はないものの、前回の検査の時に比べて眼圧が高くなっていた。
まだ許容範囲とはいえ気になるところ。 
昨日はオケの練習だった。場所は市民文化センター小ホール。
Sdsc02737
本番を振っていただく小森康弘先生の指揮で、ブラームスの交響曲第1番とラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。 
小森先生とは実に12年ぶりの再会。前回先生は確かまだ学生だった。
練習はオケ、特にホルンは正直なところひどかった。
なんとなく焦点が定まらず、特にブラームスはホルンパートが皆の足を完全に引っ張っていた。
Sdsc02739
久しぶりなのに先生には申し訳なく、終了後大いにパートみんなで反省。
 
今日は医者から帰った後の夕方、下の娘の様子を見に行くために横浜に行く家内を駅まで送り、母と上の娘を連れて沼津港の「魚がし鮨」で夕食。
 
ちょうど「ふぐ祭り」を開催中。
娘がふぐを食べたことがないというので、フグ刺しを頼んでメインは人気の近海にぎりにした。
Fadfd9c254d61be43a4e53f23182a469
こちらは大きな蟹入りの味噌汁が付いた豪華版。
フグ刺しはインパクトがなく娘も期待外れだった様子。 
休日の昼間は県外の観光客でにぎわう沼津港も夜になると閑散としている。
A4ce960b
「魚がし鮨」も自分たちの他は家族連れが1組のみ。
この昼間と夜の落差解消が今後の課題だろう。

|

« 大町陽一郎&九州交響楽団のウィンナワルツ集 | トップページ | 大町陽一郎のブルックナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大町陽一郎&九州交響楽団のウィンナワルツ集 | トップページ | 大町陽一郎のブルックナー »