« 本日の練習、ブラームスとラフマニノフ | トップページ | コンヴィチュニーのブラームス »

2015年1月16日 (金)

レコードコンサート

本日快晴、昨晩就寝前に飲んだバファリンが効いて歯の痛みは治まったものの、通勤途中の車中でクスリが切れて猛烈な痛みが襲ってきた。

時計を見ると薬を飲んでちょうど8時間後。
 オフィス到着後直ちに同級生の歯科医タカチャンに電話すると、昼に診てくれるとのこと。ありがたいことだ。

 歯の痛みと治りきらぬ風邪のため体調最悪。
B66_150103_01
夜には市民文化センター主催のクラシックレコードコンサートで解説をしなければならず、大事を取って午後の予定を全てキャンセルし昼から早退することにした。
歯医者で応急処置の後、帰宅し薬を飲んで夕方までしばし横になり、その後市民文化センターへ。センター到着は17時。


ところが文化センターへ到着すると手違いが有り、頼んでおいた準備が全くできてなくて吃驚。
Photo

開演は18時半。

最近は17時半頃には常連さんが集まって雑談したりして一種のサロン化している。

とにかく時間がないので、夕食を摂る時間もなくオーディオ装置と持参したソフトのチェックをしている間に馴染みの常連さんたちが入って来た。


解説する内容を考えている時間もないので、今回はほとんどアドリヴ。

内容はウィーンフィル特集ということで、ウィーンフィルの歴史や特徴を話しながらさまざまな演奏を紹介していった。

51qmzgkujol_sy300_
寒い中に来てくれる視聴覚室にほぼ満員のお客様。ありがたいことです。

S_img_0002_2
ウィーンフィルの演奏を時代別に紹介しているうちに、変わらぬ特徴はあるものの、オケそのものの響きが時代と共に変わってきているのを実感する。

アップした写真は、自分のコレクションから戦時下のウィーンフィルのコンサートプログラム。クレメンス・クラウスのサイン入り。
戦時下とはいえプログラムの紙質は良い。
曲はハイドンの「軍隊」、プロハスカのカンタータ「歩兵隊」、そしてベートーヴェンの5番の交響曲という戦時色濃厚なもの。

|

« 本日の練習、ブラームスとラフマニノフ | トップページ | コンヴィチュニーのブラームス »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の練習、ブラームスとラフマニノフ | トップページ | コンヴィチュニーのブラームス »