« 槇原敬之「Concert Tour 2015 "Lovable People"」 in 沼津 | トップページ | 本日の練習、20年ぶりのピーターとおおかみ »

2015年6月10日 (水)

THE ROYAL BRASS MUSIC OF KING JAMES I

月曜から梅雨入りとなり昨日は雨模様。今日は梅雨の中休みで一日晴れ。
いよいよ今週から大きな山場が始まりその準備に追われる一日。

気温の変化が大きく鼻水が出始めた。風邪をひいたかな?



今日はマリナーのブランデンブルク協奏曲に参加していたイギリスの音楽学者サーストン・ダートの監修による

「THE ROYAL BRASS MUSIC OF KING JAMES I」を聴いていた。

英L'Oiseau-LyreのオリジナルLP(SOL 50189)で、17世紀のイギリスの王ジェームズ一世(1566~1625)の時代の宮廷に使えた作曲家たちによる管楽器のための作品を集めたもの。

1959年のステレオ録音。

Sr11869

曲は



1. Thomas Simpson,    Intrada (02:05),

2. James Harding     Almande (02:24),
3. Antony Holborne,    The Fairy Round (1:51)
4. Thomas Leetherland,  Pavan (02:43)
5. Nicholas Guy,      Almande no 13 (01:13),
6. Antony Holborne,    The Choice (01:23)
7. Jerome Bassano,    Fantasia (02:39)
8. Giles Farnaby,      Almande (02:14),
9. Antony Holborne,    Galliard (02:31)
10. Robert Johnson,    Almande no 7 (01:15),
11. Antony Holborne,    As it fell on a holy eve (01:22),
12. Giovanni Coperario, Fantasia no 76 (02:33),
13. Alfonso Ferrabosco II, Almande no 5 (1:10)
14. Richard Dering, Fantasia (04:08),
15. Thomas Lupo, Almande (01:22),
16. Anthony Bassano, Pavan no 16 (03:18)
17. Anthony Holborne, The fruit of love (03:10),
18. Alfonso Ferrabosco II, Pavan (01:24),
19. Alfonso Ferrabosco II, Alman (02:17)

この中で知っていたのはフィリップ・ジョーンズ・ブラスアンアンブルが取りあげていたホルボーンとファーナビーくらいで、その他の作曲家についてはほとんど知らない。

演奏はダート以外はフランスの音楽家たち。

Maurice ANDRÉ, Jean PIROT, trompettes

Maurice SUZAN, Henri ARQUÉ


Camille VERDIER, Bernard GALLOT, trombones


direction: THURSTON DART

 

以上トランペット2にトロンボーン4の編成。
モーリス・アンドレはこの時若干26歳。

アンドレ以外は知らない人たちだが、この時点でフランス国立放送管などの団員だった人たち。

使用楽譜と使用楽器についてはダート自身が書いたライナーノート(解説文)に詳しい。

コルネットやサックバットといった当時の楽器を使用せずにモダン楽器を使用。
トランペットはC管のフレンチタイプ?を使用と書いてある。

譜面はケンブリッジのフリッツウイリアム美術館所有の当時の出版譜などを使用。


かっちりとしたアンサンブルで突出した奏者はなく各楽器のバランスは完璧。

譜面に書かれた内容を堅実に音にしたという趣だ。

ここで録音された曲集はそのままOxford University Pressから楽譜が出版されているようだ。
http://www.grainger.de/music/rm/mis01.html 


youtubeはスザートの舞曲集

|

« 槇原敬之「Concert Tour 2015 "Lovable People"」 in 沼津 | トップページ | 本日の練習、20年ぶりのピーターとおおかみ »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 槇原敬之「Concert Tour 2015 "Lovable People"」 in 沼津 | トップページ | 本日の練習、20年ぶりのピーターとおおかみ »