« 本日の練習、永原先生の指揮 | トップページ | フランツ・アンドレのことなど »

2015年7月31日 (金)

ボールトのウォルトン

7月も今日で終わりの金曜日。

昨晩は気温が下がらずクーラーのない寝室は窓を開けても無風状態。
破れた網戸の隙間から蚊が侵入し眠れぬ一夜を過ごし寝不足気味。


今月は土日に雨が多く、日曜百姓の身としては畑作業もままならず畑が荒れてしまった。
茄子、南瓜、冬瓜その他、夏野菜は採れてはいるものの、例年に比べれば手抜きがそのまま結果に表れている。

農作物は正直だ。

今日はイギリスの名指揮者、サー・エイドリアン・ボールトのウォルトンを聴く。
ウォルトンの代表作2作、交響曲第1番とオラトリオ「ペルシャザールの饗宴」。


Sommcd094

・交響曲第1番変ロ短調

・オラトリオ『ベルシャザールの饗宴』*

サー・エイドリアン・ボールト指揮
ロンドンフィルハーモニー管弦楽団、合唱団

デニス・ノーブル(バリトン)

1956年8月15-30日 、1953年9月10-14日* 録音


SOMMから出ているCDで、先月ハードオフのCDコーナーで1枚当たり400円でまとめてゲットしたイギリス音楽ものの1枚。
どうやらNIXAのオリジナルLPからの板起こしらしい。

この中で交響曲第1番の録音は1970年代末にテイチクが国内盤を出していて、リアルタイムで買ったLPが今でも手元にある。

Sdsc03961

だがこの国内盤LPは音が悪く、曲と演奏の良さを十分にとらえていない。


国内盤LPに比べこのCDの音は実に鮮明、オリジナルLPが入手難なので今聞く音源の中ではこれがベストだろう。
「ペルシャザールの饗宴」もモノラルながら不満は感じられない。


合唱に多少の粗さは感じられるものの、ウォルトン独特のハードボイルドなカッコよさその中で微妙な崩し加減が絶妙。

2曲とも作曲者お墨付きのサージェントのクールな名演があるが、このボールト盤もサージェント盤とは異なるアプローチの名演だ。




Youtubeはウオルトンの「ペルシャザールの饗宴」2012プロムス、尾高忠明の指揮

|

« 本日の練習、永原先生の指揮 | トップページ | フランツ・アンドレのことなど »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の練習、永原先生の指揮 | トップページ | フランツ・アンドレのことなど »