« ブリテン、ヴィオラのための「ラクリメ」 | トップページ | ラングレーのミサ曲「幸いなるかな女王」 »

2015年9月 2日 (水)

アンコール、サー・ジョン!

今日は朝から激しい雷雨となり大雨洪水警報発令。

通勤途中の車外では、走るにつれて雨と晴れ間が交互に切り替わり
晴れた雲間には虹が見えたりしている。


どうやら局地的なゲリラ豪雨らしい。

小中学校は自宅待機らしく通学の児童生徒の姿は見えなかった。


昼の全国ニュースでは、沼津近辺のガード下の道路で水没した車両が映っていた。





再びバルビローリ指揮の小品集。



70年代にティチクから出ていた廉価版LPで、タイトルは「アンコール・サージョン!」


Sdsc04102



Sdsc04107


この多くはバルビローリ協会からCDが出ている。

ラルゴではテノールソロが入る。


ラデツキー行進曲はゴードン・ジェイコブ編曲版という珍しいもの。



最初のアンダンテ・カンタービレからして甘くロマンティックな味わい。

チェロ独奏も良い。


得意としたシベリウスは手慣れたものだし、淡々と歌わせるヘンデルも秀逸だ。

クラークとスーザで派手に盛り上げた後の「スラブ行進曲」はきっちりオーソドクスな硬派の演奏。




引き締まったリズムで軽快に歌い上げた「軽騎兵」序曲も純音楽的な名演。



続くワルツはヴィヴラート過多の甘い砂糖菓子のようなシュトラウス。

ラデツキー行進曲は、ハープも入るド派手でスーザのマーチのような版だった。


youtubeはチャイコフスキーの「アンダテカンタービレ」チェロ四重奏版

|

« ブリテン、ヴィオラのための「ラクリメ」 | トップページ | ラングレーのミサ曲「幸いなるかな女王」 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブリテン、ヴィオラのための「ラクリメ」 | トップページ | ラングレーのミサ曲「幸いなるかな女王」 »