« 本日の練習、分奏と技術委員会 | トップページ | グッドマン&マルティノンのウェーバー »

2016年2月29日 (月)

フェヴリエのラヴェル二題

曇り、昼ごろから雷と雨。
2月も終わり。今年は雪が降ることもなく暖かな冬だった。

今日から新車に代えて新たな気持ちで出勤。
自分は車にはさほどこだわらないタイプで、今までは大衆車カローラを13年ほど乗っていて今回も同じカローラで色も同じ。

外観はあまり変わり映えしないが、いろいろな機能も加わり車が最新ハイテク技術の集積であることを実感。


今日はフランスのピアニスト、ジャック・フェヴリエの弾くラヴェル。
左手のためのピアノ協奏曲を聴いた。

伴奏はカーンと同じツィピーヌの指揮でオケはフランス国立放送管。


仏コロンビアのLPは高価だが、手持ちはペラジャケの安い国内盤とACCORDのCD.

Sdsc05294_1

このLPはこの作品の本邦初出の演奏だったはず。
カップリングはドビュッシーのピアノとオーケストラのための幻想曲。


フェヴリエの父、アンリ・フェヴリエはパリ音楽院の作曲クラスでラヴェルと同級だった。


「左手のためのピアノ協奏曲」を委嘱者であるパウル・ウィットゲンシュタインが初演した時に、ウィットゲンシュタインは自分が弾きやすいように勝手に手を加えてしまった。

これに失望したラヴェルが弾けるピアニストを探した時に見つけたのが同級生の息子で、まだパリ音楽院の学生だったジャック・フェヴリエだった。


この曲の実質的な初演はラヴェルの指揮でこのジャック・フェヴリエがおこなっている。


フェヴリエには同曲のミュンシュ指揮の録音もあるが、このツィピーヌ伴奏盤は1952年録音の再録音。


フェヴリエのラヴェルは、晩年のピアノ曲全集など技巧の衰えが目立つものもあるけれどこのコンチェルトの演奏はさほどでもない。

師匠の音楽を世に知らしめる使命感に燃えたような、 ある種凄みのある演奏で気合の入り方が尋常でない。

ツィピーヌの伴奏はやはり素晴らしい。
Sdsc05351

フェヴリエ晩年の録音から「クープランの墓」も聴いてみたが指が極端に動かず、こちらは聴いていて辛くなるような出来だった。


Youtubeはフェヴリエの弾く「ジムノペディ」

|

« 本日の練習、分奏と技術委員会 | トップページ | グッドマン&マルティノンのウェーバー »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
フェブリエの『左手』はラヴェル指揮ではなくてミュンシュ指揮で演奏されました。ラヴェルの伝記に書いてあります。
ミュンシュにはコルトーとの歴史的名盤もあります。この時期、この曲のスペシャリストとされていたようです。

投稿: サンセバスチャン | 2016年3月 2日 (水) 00時45分

サンセバスチャンさん、情報ありがとうございます。

ウィットゲンシュタインの初演が1931年11月27日でヘーガー指揮のウィーン響、パリ初演が1933年1月17日でラヴェル指揮パリ響との記述を複数の記事で読んだので、てっきりこちらはラヴェルが振ったのだと思っていました。

ラヴェルの伝記はどなたが書いたものでしょうか?

ジュルダン=モランジュ著の「ラヴェルとわたしたち」に、1937年3月のラヴェル祭で、この左手のためのピアノ協奏曲をフェヴリエがミュンシュの指揮でパリのプレイエルで弾いたとありました。

ミュンシュはこの時期この曲をたくさん振っていたのですね。

投稿: 山本晴望 | 2016年3月 2日 (水) 23時22分

こんにちは。1933年1月のパリ初演はウィットゲンシュタインの独奏、ラヴェル指揮だったようで、これはウィットゲンシュタインが改変した版でした。ラヴェルはウィーンの初演は不在だったそうです。
原典演奏の初演がラヴェルの指名したフェブリエと、ミュンシュによって行われています。私が読んだのも同じ本だったと思います。

投稿: サンセバスチャン | 2016年3月 7日 (月) 09時52分

サンセバスチャンさん、重ね重ねありがとうございます。

パリ初演はウィットゲンシュタインだったとのこと。
ジャン・エシュノーズ著の「ラヴェル」にもそのように書かれていました。

ウィットゲンシュタインがこの曲の6年間の独占演奏権を持っていたことも書かれていました。

したがって1937年のミュンシュ指揮のフェヴリエの演奏が真の姿の初演だったということもわかりました。

何枚かのLPジャケットの解説に1933年にフェヴリエが弾いたと書いてあったいたのですが、そちらは誤りだったのですね。

なおエシュノーズの本には、1931年のウィーン初演の様子も詳しく書かれていました。

これはウィットゲンシュタインの私的なパーティ上での初演で、ラヴェルとマグリット・ロンが招かれ、ウィットゲンシュタインの演奏にラヴェルが激怒して、その怒りのすさまじさにホールの聴衆が凍りついた様子が詳しく書かれていました。

投稿: 山本晴望 | 2016年3月 8日 (火) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の練習、分奏と技術委員会 | トップページ | グッドマン&マルティノンのウェーバー »