« 本日の練習 あと10日 | トップページ | テクニクス アナログプレーヤーSL1200GAE »

2016年5月15日 (日)

冨田勲の音楽

この土日は天気も良く、散歩の前のポコもゴキゲン。

Sdsc05745

庭木の剪定や砂利を敷いたりと休みでなければできないことなど。

作曲家の富田勲さんが亡くなった。

享年84歳。
もっと若いと思っていたが自分の親と同じ世代だった。

富田さんの音楽には、テレビ番組のテーマ音楽でも大衆的な中にも高い音楽性があって、聴いていて思わず惹きつけるとものがあった。

「新日本紀行」のテーマなど日本人の琴線に触れる永遠の名曲だ。

富田さんの名前を強烈に印象付けたのは、シンセサイザーによるドビュッシーの世界。

D9a3279d


このアルバムを初めて聴いたのは高校の時、NHKFMだった。

この時の衝撃は今でもはっきり覚えている。

家の古いスピーカーから「雪が踊っている」が流れた時、いったい何が起こったのかと思った。
世の中にこのような音楽があるなんて・・・・衝撃的だった。

これを機にドビュッシーが好きになって、このアルバムと全く同じ曲を集めたモニク・アースの弾くピアノ曲集を買ったりもした。

Prmaki2002img600x4501452417433sugng

この後、富田勲のシンセサイザーではムソルグスキー、ラヴェル、ホルストなどが次々に出たけれども1枚のアルバムの完成度としてはこのドビュッシーが最も良かったと思う。

そのほかのシンセサイザーの曲で印象に残っているのは、アイヴスの「答えのない質問」の入ったアルバム。


そして いろいろ聴いて一番好きなのは「富田勲の音楽」。


このCDが出た時に「あぁこれが欲しかったんだよなぁ」と心の底から思った。

Photo

Youtubeは冨田勲指揮千葉少年少女オーケストラの「新日本紀行」

|

« 本日の練習 あと10日 | トップページ | テクニクス アナログプレーヤーSL1200GAE »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の練習 あと10日 | トップページ | テクニクス アナログプレーヤーSL1200GAE »