« 沼響、春の合宿第2日め | トップページ | ラフォルジュルネ2016、今年は小曾根真ほかの「動物の謝肉祭」 »

2016年5月 3日 (火)

シューマン「美しい5月に」

後半三連休の初日。曇り後夜遅くから雨。

Sdsc05677

朝の散歩の富士は霞んでいた。

Sdsc05680

傍らに300年余りこの地を見守っている道祖神。

Sdsc05681_1

今年GW後半のハイライトは、東京で開催中のラフォルジュルネジャポン。 

明日から行く予定。
家内は一足先に出かけ横浜の下の娘の所へ行っている。

今日は弟の応援で古い箪笥を移動したり、冬物の衣類をクリーニングに出したり片付けたり、途中に家内の姪が来たりとなかなか忙しい。

前半の三連休で関東4県を駆け回っていた上の娘が熱を出して、当番医に連れて行くおまけつき。


今日は故あってシューマンの歌曲集「詩人の恋」を何種類か聴いていた。

手持ちの音源は10数種類だがほとんどLPでCDは1枚、DVDが1枚。


一番好きなのはヴンダーリヒの歌唱。

手持ちはグラモフォンのスタジオ録音とザルツブルクでのライヴ。

Sdsc05684

いずれも1965年録音で伴奏はギーゼンが弾いている。
このグラモフォン盤がこの曲のすりこみだった。

今聴いても素晴らしい。

ザルツブルクライヴは幾分情に流れる部分があって、ロマンティックすぎると思う。
手持ちはグラモフォンはLPでライヴはPILZ  ACANTAのCD.

61ce6nczcjl_sl500_aa300_

フランスの名バリトン。ジェラール・スゼーの歌も聴いてみた。

手持ちは国内盤LP.

Sdsc05682

柔らかで明るい声がこの曲の恋心の雰囲気が良く出ている。
だがところどころ音程がふらつくところが気になる。



そしてもう1枚。

Sdsc05686

ハンス・ホッターの1954年のスタジオ録音。

こちらも日本コロンビアから出ていたLP.

うまいとは思うが演奏が暗い。

ぼそぼそと語るような歌い口でスゼーと比べるとまるで別の曲だ。


女声のものも聴いてみた。

51vpe4bmuil
クリスティーネ・シェーファーの歌うDVD。

こちらは色っぽい艶のある大人の恋物語。


Youtubeはシェーファーの歌う「詩人の恋」第1曲「美しい5月に」

|

« 沼響、春の合宿第2日め | トップページ | ラフォルジュルネ2016、今年は小曾根真ほかの「動物の謝肉祭」 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沼響、春の合宿第2日め | トップページ | ラフォルジュルネ2016、今年は小曾根真ほかの「動物の謝肉祭」 »