« 本日の練習、日曜の夜 | トップページ | バルセロナ歌劇場のデ・ロス・アンヘレス »

2017年5月23日 (火)

デゾルミエール編のシュトラウス

本日快晴、連日の25度超えとはいえ夜間は意外と冷えたりしている。

ここ数日花粉症のようなクシャミが連発。
今年の花粉症は比較的軽く済んだと思っていたのだが、何故だろう?

Sdsc07177

昼寝中のポコ。

そっと近づいたら目を覚ました。

こちらに気づいてニコリ。

Sdsc07179



このところ手持ちのモノラルLPを集中して聴いている。

今日はバレエ音楽「美しき青きドナウ」。

これは、ヨハン・シュトラウス2世の音楽をフランスの名指揮者デゾルミエールが
バレエ音楽に仕立てたもの。

手持ちはマルティノン指揮ロンドンフィルによる英デッカ盤。


Sdsc07165

・バレエ音楽「美しき青きドナウ」


・バレエ音楽「ウイリアム・テル」



オリジナルはffrrのLXT5149という番号だが、手持ちはLL1383という番号の再発売盤。


裏面にはRIAAと大きく印刷してあるが何故か編曲がドラティになっている。


Sdsc07166

実はドラティには、ロンドンフィルを振った同曲の1936年録音がHMVにあったりしている。


演奏はすっきり明るい爽やかな出来。

良い演奏だと思うが、ロザンタール指揮パリオペラ座管のキャピトル盤の華やかな演奏には一歩譲るようだ。


P1010299


今回イコライザーをいろいろといじってみたところ、マルティノン盤のイコライザーカーヴはffrrではなくて、標記のとおりRIAAが自然だった。

一方のロザンタール盤は該当するイコライザーカーヴが見つからない。

AESだろうか。

Sarc12125_4


沼響HPの聴き比べコラム、「ブラームスの1番を聴く」にクレンペラー指揮ベルリン国立歌劇場管の1928年録音の感想をアップしました。


Youtubeはデゾルミエールのプーランク「牝鹿}

|

« 本日の練習、日曜の夜 | トップページ | バルセロナ歌劇場のデ・ロス・アンヘレス »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

坂戸在住の小生も同様の症状。何らかのアレルゲンが飛散しているものと思われます。こうとうところ、厚生労働省にはしっかりと仕事をしてもらいたいものですが...

投稿: prmaki2002 | 2017年5月24日 (水) 20時08分

どうやらこの時期は稲花粉とのことですが、
昨年まではなんともなかったので不思議です。

投稿: 山本晴望 | 2017年5月28日 (日) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の練習、日曜の夜 | トップページ | バルセロナ歌劇場のデ・ロス・アンヘレス »