« ステパニュック、海瀬京子 ジョイントコンサート | トップページ | G.ネイガウスの弟子、ギレリスとザークのモーツァルト »

2017年6月28日 (水)

珈舎の「蓄音機を聴く会」

今日は朝から雨。

S20170628_081657411

出勤時に庭の紫陽花の花を眺め、ふと足元を見ると大きなカタツムリが横断中。


S20170628_081549783

危うく踏んでしまうところだった。


上半期の大きな山場は終了したものの、大きく方向転換した現組織の今後の在り方について内外部からのヒアリングに加えて各種行事が目白押し。

今度の日曜も出勤確定。



先週の土曜日の夜、沼津御用邸近くの喫茶店「珈舎」が主催する「蓄音機を聴く会」に行っていた。


S20170624_185314003

いわゆるSPレコードコンサート。

曲はクラシックからポピュラーソングエトセトラ。


早めに到着したのでナビゲーター役の方と少しお話ができた。

Sdsc07340


機種は日本ビクターのビクトローラとニッポノフォンの卓上機。
この催しも78回目だという。

針は鉄針を使用。

参加者は15名ほどで大部分は私の親ぐらいの年配の方々。

一組小学生の女の子を連れたお母さんが来ていたのが異色の存在。
女の子はずっとテーブル席で勉強していた。

Sdsc07338

最初にエルマンのカヴァティーナから入っていったが、
音が荒れていて往年のエルマントーンは聴くことができない。
フォイアマンのチェロもいまひとつ。


S20170624_185157065


パデレフスキーの「ラ・カンパネラ」は音そのものよりも演奏の凄さに感心。

音はビクターよりもニッポノフォンの方がまとまりが良かった。

S20170624_184452342



一番良かったのがベラフォンテが歌う「バナナボート」。

これは1956年録音でこの頃既にLPが発売されていた。
RCAあたりではステレオ録音も始めていた時期だ。


結局、自分が昨年いただいた英コロンビアの蓄音機の優秀さを確認することになったものの、戦後初の日本音楽コンクール1位の三枝貴美子の歌うカンツォーネ「海に来たれ」や、往年の名歌手ダルモンテの「狂乱の場」など、珍しいものも聴かせていただきました。


Youtubeは紗良オットの弾く「ラ・カンパネラ」

|

« ステパニュック、海瀬京子 ジョイントコンサート | トップページ | G.ネイガウスの弟子、ギレリスとザークのモーツァルト »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ベラフォンテのバナナボートのspがあるんですね。ベラフォンテのカーネギーホールライブを持っていますが、実に上手いものですね。余韻が爽やかで、mcも何の力みも感じさせない。マティルダは、奨学金をもらった人とか、40歳以上の女性とか聴衆に歌わせて、40歳以上の時は最初誰も歌わず、やり直しをさせたら、しぶしぶ低い声で、いかにもオバサン、おばあさんという声で、歌ったので場内喝采の坩堝となります。何度もFMで放送されていました。

投稿: サンセバスチャン | 2017年6月29日 (木) 05時39分

ベラフォンテのSPは非常に良い音で、奥行きもあり豊かな響きで驚きました。

歌も雰囲気充分で本当にうまいですね。

投稿: 山本晴望 | 2017年6月30日 (金) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ステパニュック、海瀬京子 ジョイントコンサート | トップページ | G.ネイガウスの弟子、ギレリスとザークのモーツァルト »