« ダイレクトカッティングディスクのことなど | トップページ | 片岡啓子のイタリア古典歌曲集 »

2017年6月23日 (金)

本日の練習、狭いリハーサル室にて

本日快晴。

先週の日曜から続く長い一週間もようやく終盤となったものの明日は関係団体の総会で挨拶を頼まれているので未だ気持ちは休めない。

今日は午後から日本IBMの元社長さんの話を聞いていた。

そして昨晩はオーケストラの練習。
場所は文化センター地下のリハーサル室。


S19366324_1372891836163533_84186377

団内指揮者F君の指揮で「第九」の第3,4楽章。


特に第4楽章は最後のプレスティッシモ近辺を集中的に練習。

この部分は本番では勢いに任すままなだれ込んでいく箇所なので、練習時もラフになりがちだった。

基本に帰って各パートをゆっくりと反芻すると、弦楽器のみの部分などさながらバロック期のコンチェルトグロッソのように響いていてこれは新たな発見だった。

それにしても狭いリハーサル室で大勢の音が飽和状態。

自分の音が聞き取れずとにかく疲れた。

娘もぐったりした様子。

夏の第九の練習はとにかく暑い。

Youtubeは大指揮者ジュリーニ指揮の「第九」。

こんな映像が残っているとは思わなかった。

|

« ダイレクトカッティングディスクのことなど | トップページ | 片岡啓子のイタリア古典歌曲集 »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイレクトカッティングディスクのことなど | トップページ | 片岡啓子のイタリア古典歌曲集 »