« プロイセン王、フリードリヒ2世のフルート協奏曲 | トップページ | シャピュイのクレランボー »

2017年9月18日 (月)

波 サーフブレイク・フロム・ジャマイカ

昨日来の大型台風は九州から関西北陸方面を抜けて北海道方面へ。


本日台風一過の快晴。


とはいえ我が家も昨晩から明け方にかけて強風が吹き荒れた。



収穫時期を迎えた農作物は各地でかなりの被害があったのではなかろうか。




昨晩は中学時代の同窓会だった。

外はあいにくの雨。
中学の学年同窓会は4年ぶり5回目。


同窓会の常として逝去した仲間のニュースも入り、
回を重ねる毎に少しずつ参加者が減っている。


今回は約70人。学年全体としてでは四分の一ほど。


記念撮影の後しばしの歓談。



SNSで頻繁に情報交換している仲間もあり、長い間直接会っていなくても久しぶり感は薄かったりしている。


時代は変わった。





今日は出勤して明日以降の重要な会議の資料の確認。

Djjy7ktvoaa0rwh
午後は駿河白隠塾主催の

「白隠禅師没後250年記念 白隠展2017in ぬまづ」
の記念セミナーに行っていた。



講師は花園大学国際禅学研究所顧問の芳澤勝弘先生

会場の沼津市立図書館展示ホールには白隠の禅画や書が10数点展示されていて、 先生にはその1点1点を解説していただいた。

20160830051714f47

わかりやすい説明に、

聞いた後では絵が全く違う意味を持って見えてくるのが

不思議。


一見さりげない風景画の中に
白隠禅師の万人に向けたメッセージが隠れている。


絵の中に隠れた禅問答にも似た聖と俗の対比の意味深さ。


Hak4012

帰宅後は敬老の日と言うことで、
母を連れて家族で京丸の鰻を食べに行ったりした。



なんとなく疲れて帰宅後聴いたのは、
「波 サーフブレイク・フロム・ジャマイカ 」




Sdsc07655

これは写真家の浅井愼平が
ジャマイカへ撮影に行ったときに持ち込んだレコーダーで
打ち寄せる波の音をひたすら採り続けたもの。


1976年の録音のコロンブスの卵的な発想の産物。

当時爆発的に売れて同じような規格ものがいくつか出た。

延々と続く波の音が聴き手の創造力を刺激する。

まさに音で見る風景画。

これが写真家の発想で生まれたのが象徴的だ。



A面の最後に微かに聞こえるカモメの声から生まれる遠近感、
そしてB面最初のたどたどしいウクレレの音が異国を連想させるのも心憎い演出。

この瞬間のこの場だけが時間の流れの速さが変わったかのような錯覚。

名器ナグラ4sによる名録音。



手を加えていない自然な音も秀逸。

|

« プロイセン王、フリードリヒ2世のフルート協奏曲 | トップページ | シャピュイのクレランボー »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロイセン王、フリードリヒ2世のフルート協奏曲 | トップページ | シャピュイのクレランボー »