« 織田茂伸さんフルートリサイタル | トップページ | 山田一雄の「ヘンゼルとグレーテル」その他 »

2017年11月14日 (火)

ドラティ、コンセルトヘボウとのチャイコフスキー

ふたたび雨模様の日々。

S20171109_125329302

仕事場の前にネムノキが咲いていた。


今日はドラティのチャイコフスキー、交響曲第4番。

コンセルトヘボウ管との1956年スタジオ録音。


蘭フィリップスのCDで、カップリングは「展覧会の絵」。

いずれもモノラルで、2曲ともステレオの再録音がある。



チャイコフスキーはロンドン響とマーキュリーへの全集録音があって、この中の第4番から第6番「悲愴」の演奏はかつて日本フォノグラムの廉価盤LPで出ていた。


自分にとってはそのロンドン響との録音が第4番の刷り込みとなっている。

68806


今聴いてもパリッと冴えたリズムに全曲に漂う緊張感。

嚠喨と響き渡る金管群の輝かしい響きが魅力的な名演だ。

中でも第1楽章中間部のホルンが強烈だった。


この後ドラティはワシントン・ナショナル響と三度目の録音を残している。




このコンセルトヘボウ管との録音はベイヌムが音楽監督だった1956年のモノラル録音。

739

同時期のドラティ&コンセルトヘボウとの録音は「我が祖国」全曲という大物のほか、「ファウストのごう罰」「新世界より」、威風堂々第1番などの少なからずの録音を残している。


このコンセルトヘボウとの第4番の演奏は、いくぶん暖かみのあるコンセルトヘボウのホールの豊かな響きとオケを自在にドライヴする采配が見事。



テンポを揺らしながら大きく盛り上がる第1楽章後半は圧巻。


フィナーレ終盤のアチェレランドも興奮させられる。


Youtubeはチャイコフスキーの交響曲第4番、テミルカーノフの指揮

|

« 織田茂伸さんフルートリサイタル | トップページ | 山田一雄の「ヘンゼルとグレーテル」その他 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 織田茂伸さんフルートリサイタル | トップページ | 山田一雄の「ヘンゼルとグレーテル」その他 »