« 本日の練習、本番迫る | トップページ | 海瀬京子&Duo-Bコンサート »

2017年11月17日 (金)

ヴァンデルノートのモーツァルト

曇、気温は下がり、出勤前にストーヴを物置から出したりしていた。

仕事は小康状態。

来週後半から12月半ばまでに大きな山があり、それが終わると今年も終わり。

昨年今頃は入院が決まり公私ともに慌ただしかったけれど
今年は何事もなく年を越せそうな気配。


今日はベルギーの指揮者、アンドレ・ヴァンデルノート(1927 - 1994)

のモーツァルト。

EMIへの録音で35番から41番までの後期交響曲集。
オケはパリ音楽院管弦楽団。
1957年録音のタワーレコードヴィンテージコレクションCD3枚組。


4997184920186


1957年とはいえフランスEMIはステレオ録音の導入が遅れたのでモノラル。

ヴァンデルノートのモーツァルトと言えば、ハイドシェックとの一連のピアノ協奏曲録音が名高い。

自分も年代に廉価盤でまとまった数のハイドシェックとのモーツァルトを愛聴していた。
幾分ロマンティックではにかんだようなハイドシェックのピアノに、爽やかなヴァンデルノート伴奏が青春のいぶきのような趣で非常に良い演奏だった。

50年代から60年代初めにかけてのヴァンデルノートは、
ベルリンフィルやパリ音楽院管を振って将来の大成を予測させるような録音を残していた。

このモーツァルトの交響曲集は代表的なもの。

猛者揃いのオケをスッキリきっちりとまとめながら、爽やかにしてヴィヴィッドな曲運びで聴き応えのある名演揃いとなっている。

中でも39番はこの曲の代表盤とも言っていいほどの名演だと思う。


これがステレオ録音ならば長らく現役となっていたのではなかろうか。


その後ヴァンデルノートは表舞台のサーキットから姿を消し、ベルギー国内に逼塞してしまいその消息も絶えてしまった。

ところが90年代に突然、ベルギーでのライヴがCD化された。

往年の活躍を知るファンは驚喜して買い求めたのではなかろうか。




私も多分に漏れず高価なセットものを購入。

ワクワクしながらCDをセットしたのを昨日のように思い出す。

ところが演奏を聴いて愕然。

聴いていて辛く情けなくなるような、とても商品として成り立つような演奏とは思えぬほど酷かった。

81facd9ohl_sl1500_
その中で唯一「ハフナー」は往年の輝きの残滓が感じられる演奏だった。

寂しいような悲しいような。


Youtubeはビシュコフ指揮ケルン放送響のモーツァルト、39番。

|

« 本日の練習、本番迫る | トップページ | 海瀬京子&Duo-Bコンサート »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の練習、本番迫る | トップページ | 海瀬京子&Duo-Bコンサート »