« コレギウム・アウレウムのフーガの技法 | トップページ | 岩城宏之、札響のベートーヴェン »

2018年2月27日 (火)

ルプー若き日の「皇帝」

2月も最後の週になり寒さもしだいに和らいできた。

日曜に閉会式だった平昌オリンピック、マスコミは未だその余韻を引いている雰囲気。

全力を出し切った選手たちの涙や笑顔が美しい。

小平選手の韓国選手を自然にいたわる姿は何度見ても感動的だ。




昨年あたりから身近な同輩、先輩、親戚の訃報や不治の病に倒れる知らせが続いている。


もう自分もそのような年になったということだろう。

昨日はなかなか快癒しない母を病院へ連れて行くついでに、自分の胃カメラを予約しておいた。


今日はラドウ・ルプーのピアノでベートーヴェン。

皇帝コンチェルトを聴いていた。

今世紀入って何度か来日しているルーマニアのピアニストも今や70を超え巨匠の域。


手持ちの音源は90年代までの録音ばかり。

聴いたのは1970年録音。

1969年のリーズ国際ピアノコンクール優勝直後でのルーマニアでの録音。
ルプー25歳。


伴奏はコンタ指揮のルーマニア放送交響楽団というオールルーマニア勢。



80年代半ばにケーゲルのベートーヴェン交響曲全集とともに出ていたCD。



独デルタ社原盤で、通常の販路とは異なる家電量販店などに千円前後で並んでいた。

購入記録を見ると1990年4月1,500円。

この頃の1枚千円台のCDはかなり安い感覚。

Sdsc08658

このCDのカップリングはフェレンチク指揮ハンガリー国立管による「運命」こちらはフンガトロンレーベルの全集録音と同じものだと思う。


久々に聴いてみた。


美しくも力強いタッチで豪快に仕上げた名演。


感情のおもむくままの音楽運びが若々しくも爽やかであり、多少荒っぽさのあるコンタの伴奏も熱く燃えて非常に良い。


Youtubeはルプーの弾くモーツァルト。ピアノ協奏曲第23番、ヴェーグの指揮

|

« コレギウム・アウレウムのフーガの技法 | トップページ | 岩城宏之、札響のベートーヴェン »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コレギウム・アウレウムのフーガの技法 | トップページ | 岩城宏之、札響のベートーヴェン »