« ザ・ビートルズ 1967年~1970年 | トップページ | 鹿島立ち »

2018年6月20日 (水)

フィストラーリとカラヤンの「白鳥の湖」

梅雨の広がる水曜日。

夜から激しい雨。

今年前半の仕事上の大きな山場は越えたものの組織内で課題が勃発。

ほぼ目処が付いたところで帰宅。



今日はバレェ音楽で名演を聴かせたロシアの指揮者フィストラーリの演奏で「白鳥の湖」。


フィストラーリの同曲3種有る録音の内の2番目。


Sdsc09284


コンセルトヘボウ管との1961年録音のハイライト盤。

手持ちは若い頃に購入したキングレコードの廉価盤LP。

購入以来カーヴはRIAAしか聴いていなかった録音のffrrカーヴでの聴きなおし。

やはりffrrがぴったりだった。

そもそもの録音が優れているからだろう。

今までとは異なる次元の音。

コンセルトヘボウ管独特の豊麗な響きがホール一杯に広がるのも心地良く、ヴァイオリンとチェロの対話では、左斜め上で鳴るヴァイオリンと右斜め下で鳴るチェロの位置が明瞭。


フィナーレ最後のティンパニも凄まじい。

これはRIAAカーヴでは聴き取れなかったもの。


もうひとつはカラヤン指揮フィルハーモニア管による「白鳥の湖」と「眠りの森の美女」組曲。


Sdsc09285


カラヤンのチャイコフスキーの三大バレエ音楽はフィルハーモニア管、ウィーンフィル、ベルリンフィルの録音があり、フィルハーモニア管とはモノラル期に3大バレエ音楽を録音し「白鳥の湖」と「眠りの森の美女」はステレオで再録音している。

手持ちはステレオ再録音。

米エンジェルのLP。

こちらも絵に描いたようなcolumbiaカーヴ。

フィルハーモニア管のしなやかで機能的な性能を充分に生かしたシンフォニックな名演だ。

Youtubeはフィストラーリ3度目の「白鳥の湖」から

|

« ザ・ビートルズ 1967年~1970年 | トップページ | 鹿島立ち »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ザ・ビートルズ 1967年~1970年 | トップページ | 鹿島立ち »