« 鹿島立ち | トップページ | 今月、東京の音盤購入 »

2018年6月24日 (日)

ルーヴル美術館展に行く

日曜日の今日は親戚の法事があり、
家内の両親を交えて午後は親戚との宴席。

勧められるままに冷酒を飲み過ぎ帰宅後はそのまま爆睡。





金曜日、鹿島神宮を参拝し高速バスに乗り東京へ。

鹿島から東京行きのバスの本数は多い。
乗車する客も多いのは鹿島臨海工業地帯の
工場群があるからだろう。


ちょうど昼時に東京駅に到着。


東京で働く娘と一緒に昼食を・・

とも思ったが急なことで連絡が取れない。

きっと忙しいのだろう。


東京駅ビルで昼食の後に地下鉄に乗り国立新美術館へ。

Sdsc09322


「ルーヴル美術館展」



テーマは「肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」

古代エジプトの仮面やメソポタミアの彫像から19世紀の作品まで。


ハムラビ王やアレクサンドロス大王、
ナポレオンたちの権力者の彫像や肖像画、
デスマスクなど110点。



Sdsc09316


この展示は絵画だけではなく大理石やブロンズ像
、装飾品などの多彩な作品が紹介されている。







ナポレオンが特別に一室なのは
フランスにとって特別な存在だからだろうか。


Sdsc09323


有名なグロの「アルクレ橋のポナパルト」、
そしてデスマスクやクロード・ラメ作の巨大な彫像。



871c68b0620fc19fa570ad327252eddf


印象に残ったのは、アングルの「フランス王太子、
オルレアン公フェルディナン=フィリップ・ド・ブルボン
=オルレアンの肖像」。



そしてオーギュスタン・パジュー作の
18世紀の女流画家「エリザベート=ルイーズ・
ヴィジェ=ルブラン」の胸像。


Pajouvigeelebrunlens




優れた肖像作品は描かれた人物の人柄までも見事に伝えている。


時の流れの中でこれらの作品によって
永遠の生命を与えられた人たち。



そして最後の部屋は昨年も観ることが出来た
アルチンボルトの「春」と「秋」




ミュージーアムショップに今日の法事にも来ていた
家内の従妹が出店していて、
多彩なエッフェル塔グッズなどもあり、
なかなかの盛況だった。

Sdsc09318
いくつかのグッズを買ったことを彼女に伝えたら、
買ったものは隣のブースの他の店の商品だった。
 

あいかわらずドジな自分なのであった。 

|

« 鹿島立ち | トップページ | 今月、東京の音盤購入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿島立ち | トップページ | 今月、東京の音盤購入 »