« 2018年6月 | トップページ

2018年7月に作成された記事

2018年7月15日 (日)

ドホナーニのハンガリー牧歌

連日35度越えの酷暑の日々。日曜の今日も暑い。

隣家の屋根の輻射をまともに受ける我が家の2階は、クーラーを入れても日中の室温が下がらない。

カレンダー上で三連休とはいえ今日は仕事が入りワクワク感はない。

夜中に汗をかくためか金曜の朝に足がこむら返り。

金曜の仕事帰りに定期的に通っているクリニックでこむら返りの件を相談したら漢方薬を処方してくれた。

Itemmed068_2


芍薬甘草湯、ツムラの68番。
速効で効果が出る薬だそう。

検査の結果は血圧その他正常値。

気になる尿酸値も安定しているけれど、最近なんとなく疲れやすいのはこの暑さのためだろうか。



昨日土曜日は職人さんたちが来てサッシ工事と浴室の改修の打ち合わせなど。

娘は静岡までバンドの練習へ。

娘はシンセサイザー担当とかで出かける前に練習していたので、シンセサイザーをちょいといじってみた。

初心者用のシンセらしい。

シンセサイザーと言えば冨田勲の使用していたモーグシンセサイザーのイメージが強くて音のひとつひとつを自分で創り出すイメージ。

娘の楽器はライヴバンドで使用しているシンセサイザー。

電子オルガンにさまざまな音色や効果のパレットが付属していて、自分が意図する方向にスイッチを切り替え音を加工していくキーボードと理解。

以前家内の友人のコンサートで触れさせていただいたオンド・マルトノは、箏の爪のようなスライド式のスィッチを滑らせていたかなりアナログ的な楽器だった。



ハンガリーの作曲家にしてピアニストでもあったエルンスト・フォン・ドホナーニの管弦楽曲。

現在指揮者として活躍しているクリス・フォン・ドホナーニの祖父。

ドホナーニの代表作とされるピアノとオーケストラのための童謡の主題による変奏曲 とハンガリー牧歌。




Sdsc09404

・ハンガリー牧歌
・童謡の主題による変奏曲

ジョルジ・レェル指揮
ブタペスト交響楽団
ピアノ:シュトヴァン・ラントス
ハンガリーフンガトロンのLP

カーヴはNAB。

ハンガリー牧歌が素晴らしい。

元はピアノバージョンで全9曲。

オーケストラ版は7曲で他にヴァイオリンやチェロの版もあるらしい。

ピアノ版では作曲者自演の録音も遺されている。



ハンガリー民謡を室内楽的な色彩で仕上げた佳品。


第1曲のオーボエとチェロの掛け合いが何とも懐かしい郷愁を誘う。

バルトークのような洗練味はないけれど、ある種土臭さのある素朴な雰囲気が魅力的。



変奏曲はいわゆるキラキラ星変奏曲。

何となく散漫に聞こえるのは演奏に責任がありそうだ。

この曲にはボールトやショルティの名演が残されている。

Youtubeはハンガリー牧歌

| | コメント (0)

2018年7月13日 (金)

イノシシ出没、そしてオケの練習のことなど

今年の梅雨も空けて猛暑続く。

一昨日の深夜、突然愛犬ポコの吠える声で目が覚めた。

時計を見ると2時過ぎ。



ポコは日常ほとんど吠えない。

吠えないどころか、飼い始めて6年ほどになるのに吠えるのを聞いたのが3度ほどしかない。

ひとつはどこからか飛んできた風船がポコの周りを浮遊していた時、そしてハクビシンが夜に庭を横切った時、もうひとつは私が誤ってポコの足を踏んでしまったとき。

Sdsc09397

今回の吠え方は尋常でなかった。


外に飛び出して周りを見ても特に不審なものは見えない。

そのうち吠えなくなった・・・・・・・

???


そのため昨日は寝不足気味。(_ _).oO

今日になって、裏山に仕掛けてあった檻に二頭のイノシシが掛かったことを知った。

どうやらその晩イノシシが出没していたらしい。


木曜夜はオケの練習。

久しぶりのホール練習だ。

曲はホルンセクションにとっては必殺のスターウォーズ組曲。

後ろにティンパニが来たのでかなりうるさい。


S37052678_1772226892896690_18596261


ホール到着は練習開始直前、ロクなウォーミングアップなしでスターウォーズの高音域でのフォルティシモを無理して吹いてしまったので練習後半から唇がおかしくなってきた。


気持ちは若いつもりでも体は正直だ。


無茶はやめよう。

S37097620_1772226489563397_78292038


ホルンセクションはこのところ多忙で出席は自分を含めて3人。

トロンボーンとヴィオラに入団希望者有り。

ホルンも若い新人が入らないかなぁ。


練習の写真がワンパターンなので今回はセピア色にしてみました。


YoutubeはN響のスターウォーズ

| | コメント (0)

2018年7月11日 (水)

アンセルメの「映像」をffrrカーヴで聴く

梅雨は明けて本日も猛暑。

西日本一帯の水害は、今まで記憶にないほどの未曾有の大水害になってしまった。
宇和島に住む友人は復旧作業従事のためここ数日家に帰っていないという。

被災された方々に心からお見舞い申し上げます。


月曜日の夕方、明るいうちに帰宅し家に入ろうとすると突然の爆音。


Sdsc09389

思わず空を見上げると、上空を多数の大型軍用機がゴウゴウと爆音を轟かせて

通過していく。

かなりの低空なので尾翼の星条旗もよく見える。
最初オスプレイかと思った。


Sdsc09393_1

大型輸送機のC130ハーキュリーズのようだ。
テールコードYJは米軍横田基地所属。

ちょうどこの時、伊豆半島上空と富士山付近に大きな積乱雲が発生していて、駿河湾上空がポッカリと晴れていた。
この巨大な積乱雲の塊を避けて飛んできたのだろうと想像する。

Sdsc09385

それにしてもかなりの低空飛行。


今日もドビュッシー。

アンセルメの指揮で「管弦楽のための映像」全曲。

手持ちはキングレコードが70年代末に出したアンセルメの芸術シリーズのLPとDECCCAのAce of ClubのLP。

今日は国内盤を聴く。

Sdsc09399

この時アンセルメの没後10年を記念してまとまった数の録音が1300円の 廉価盤で発売された。


シリーズの中には国内未発売だった1958年録音の「展覧会の絵」のような珍しいものも出ていた。



アンセルメの一連のドビュッシー録音でこの「映像」が最も好きだ。

ffrrカーヴで初めての聴き直し。


第一曲の「ジーグ」で今まで聞こえてこなかった弦楽器の内声部が奥行きのある美しいバランスで響いてきたのに驚喜。


オレンジ色のレコードジャケットそのものの暖色系の美しい音は、

あたかも優れたパステル画を見るようだ。


国内盤の廉価盤LPでもこれだけの音がカッティングされている。

Youtubeはアンセルメ指揮の「ラ・ヴァルス」

| | コメント (0)

2018年7月 8日 (日)

鱧料理、そしてフルネのドビュッシーのことなど

曇り時々晴れ。湿度の高い日曜日。

来月の父の法事の会食場所に予定していた市内のホテルの和食処が取れなくていろいろ探した結果、比較的家に近い「吟水」の評判が良いので家内と昼に行ってみた。

Sdsc09376

落ち着いた店内。



Sdsc09373




メニューを眺めると、珍しい鯨料理や冬季には河豚などもあり幅広いレパートリー、ランチメニューも豊富だ。

家内はネギトロ丼をオーダー、ハーフうどんも付いている。



自分は夏限定の鱧懐石ランチ。

三種の料理と鮨に鱧のお汁物、そして梅ゼリー。


Sdsc09377_2

なかなかの水準。


最後に付いたシフォンケーキもびっくりするほど美味かった。


Sdsc09378



迷わず法事の食事をお願いすると、その日は別の法事客が30名ほど入っているとのことでがっくり。

どうも法事が多い日らしい。

ご主人と奥さんといろいろ世間話をしているうちに、息子さんが娘と同級生であることがわかり奥さんは娘の名前も知っていた。


結局その日にはお店は満席にもかかわらず、仕出し料理を用意して自宅に来てセッティングまでしていただけることになった。

ありがとうございます。これからご贔屓にさせていただきます。


Sdsc09380



お店を後にして家内とショッピングのあと破れた網戸の張り替えなどをして過ごした日曜日。





そして夜の音楽はフランスの名指揮者フルネのドビュッシー。



最初にオランダ放送フィルを振った「イベリア」。
そして「夜想曲」、「牧神の午後への前奏曲」を聴いた。



Sdsc09364


・イベリア

・牧神の午後への前奏曲
・夜想曲

オランダ放送フィルハーモニー

1973年録音


英DECCAのフェイズ4録音のLP。


かつてRIAAカーヴで聴いていた頃は、原色系のキツイ響きであまり良い印象は残っていない。

初めてffrrカーヴに切り替えて聴いてみると印象は一変した。


響きが明快なままでフルネ独特の音の柔らかさまでが聞き取れるようになった。



「夜想曲」のシレーヌではオケに美しく絡む女声合唱のバランスが絶妙。


結果があまりにも良かったので同じフルネの「夜想曲」を、チェコフィルの録音でも聴いてみる。

こちらはスプラフォン原盤の日本コロンビア盤LP。





Sdsc09365


・海~3つの交響的スケッチ
・夜想曲

チェコフィルハーモニー管弦楽団
プラハフィルハーモニー合唱団
 1963年10月


こちらはAESカーヴが比較的良かった。

音は美しいが細部が明瞭でないのは録音の採り方によるのかもしれない。
それとも別のカーヴなのだろうか。


同じ指揮者でもこの2つの演奏の印象はかなり異なる。


スプラフォン盤は艶のある中での微妙な翳りを帯びた響きに多少の魅力は感じるものの、DECCA盤の方がより明晰でドビュッシーのオーケストレーションの妙がよくわかる。


思えば録音に関する限りこの頃のフルネが一番良かったのではないかと思う。


初めてフルネの実演を聴いたのは1984年。
都響との第178回 ファミリーコンサートだった。場所は練馬文化センター。



13612


・デュカス:交響詩《魔法使いの弟子》
・ショーソン:詩曲 op.25
・サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ op.28
・ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
・ラヴェル:ボレロ

というプログラムで前橋汀子のソロのショーソンが非常に美しかった。
デュカスも傑出していたと思う。




フルネは80年以降毎年のように来日して都響とN響を振ってくれたので、都合のつく限り東京へ足を運びかなりの数の実演を聴いている。

ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ、ショーソン、デユカ、ビゼー、フローラン・シュミット、ルーセルその他。


本場のフランス音楽の数々をフルネの指揮で聴けたことは非常に幸せだった。


だが都響とのいくつかの録音、特に最晩年の録音を聴くといまひとつしっくりこない。


最後の引退コンサートのライヴなど、音楽が爛熟から崩壊に向かっているのが見えてしまって悲しいほど。


この時ホールではどのように響いていたのだろうか。



S_pa300602


それでもフルネは大好きな指揮者で、EPICに残されたラムルー管との一連のモノラル録音のいくつかは今でも大切に聴いている。




Youtubeはフルネ指揮N響のショーソンの交響曲

| | コメント (0)

2018年7月 7日 (土)

金曜の夜はレコードコンサート

七夕の今日は全国的に雨。

最近の災害は広域化大規模化して西日本では大雨で大きな被害。
活発な前線は相変わらず停滞したまま。

夜8時過ぎには比較的大きな地震。

震源地は千葉だった。

仕事上は数年後に予想される大きな改革の準備が悩ましい。
その頃はリタイアの予定とはいえ最善の道筋はつけておきたいもの。

今週も連日夜の予定が入っていてブログの更新もままならず。

どうも最近本業以外で忙しい。



27575136_1788093924830010_729336770

水曜は職場セクションの暑気払い。

評判の店だけに出てくる鮮魚は厳選されていたけれど、コース後半は冷たいものばかり。

冷房がかなり強かったので最後の魚介汁は温かなものが欲しかった。

2次会は参加せず最終バスで帰宅。


木曜の夜はオーケストラ。

仕事が長引き遅れて参加。
今回は年に一度の定時総会。

オケの役員改選や会計報告、これからの活動計画など。

1387634424689274_727012729837799337

来年の第35回定演ではコンチェルトのソリストと指揮者はほぼ固まり
曲はラロのスペイン交響曲。沼響初挑戦の曲だ。


今回からはメイン曲の選曲は、今回各パートから1曲ずつ出し合いプレゼンを経ての団員投票ということに変わった。

従来は団内でアンケートを採り、その中から何曲かを絞って団員投票だったのだが、アンケートの提出者がある特定の人物に片寄る傾向もあり、毎回ベートーヴェンやブラームス、チャイコフスキーなどお決まり作曲家か、極端にマニアックな曲だったりするので偏った選曲になっていた。


そして金曜夜は市民文化センターでのレコードコンサートの解説。

外は雨、時おり激しいどしゃ降りのなかで、果たしてお客さんが来るのか懸念していたけれど、事前予約してくださった方々は全員の参加。

14900483_1126084867510899_699092351

毎回予約せずに来る常連さんたちもほぼ同数。

ありがたいことです。

プログラムは今年生誕110年のカラヤン特集。

我ながら安易な選択だったけれど前回が生誕100年のバーンスタイン特集だったので、バーンスタインとの対比の意味合いで取り上げた。

Sdsc09370

若い頃から晩年までのカラヤンの終始変わらぬ演奏スタイルと、ベルリンフィルの音色がカラヤン以前とカラヤン以後に変化していったことを実際に聴きくらべながら進めていった。

雨の中、多数の来客に気をよくして思い付くままにいつもよりも自分の語りが多くなってしまったけれどアンケートの結果は好意的だった。


Sdsc09368

この秋に隣町の三島市からもクラシックレコードコンサートを依頼されたので、
こちらは少し趣向を変えてみようと思う。

| | コメント (0)

2018年7月 3日 (火)

外山雄三、静岡交響楽団とのシューベルト

東海地方は未だ梅雨明けにならず明日はからしばらく雨の予報。

昨日から家のリフォームが始まったものの雨で予定が大幅に狂いそうな気配。

金曜にふと見かけた静響コンサートのチラシ。


Dgykgydvaaeggt4


静岡交響楽団第79回定期演奏会

・序曲「マンフレッド」  シューマン

・組曲「道化師」     カバレフスキー


・交響曲第8番「ザ・グレート」  シューベルト

  外山雄三 指揮

      静岡市清水マリナート
      6月3日  14時開演

外山雄三は「管弦楽のためのラプソディー」の作曲者にしてN響正指揮者。
御年87才は日本人指揮者として現役最長老だと思う。

手持ちで何枚かの音盤はあれど今まで実演に接したことはなかった。



恐ろしいほど耳のよい指揮者だと言うことは聞いていた。

厳しいトレーニングで静響がどのような演奏をするのか興味深く、知人の静響関係者に当日券の有無を確認。



聞けば妥協のない非常に厳しい練習で、オケの状態も良いので是非本番を聴いてほしいという。



土曜日は11時57分沼津発の静岡行きに乗るつもりがタッチの差で乗り遅れた。

37f1a4003c4b0eaafa358ea9f50c14a03a

次の電車が来るまでホームの立ち食い蕎麦で昼食。

下りホームの屋台は明治から続く老舗駅弁屋の「桃中軒」。


F0254429_23123248

黒めのつゆの出汁がほどよい加減。

清水に到着すると沼響元団員のチェロ弾きのTさんに合った。




S36373789_1753557501430296_43521860


Tさんは第一回定期演奏会に自分と一緒に出演した古参の団員で、その後長いブランクがあったもの数年前に復活していた。

同じくチェロを弾いていた家内はチェロのことで大変お世話になっている。
レコードも大量にいただいている。



この度息子さんの住む茨城に転居することになり沼響を退団。

もうこれで静岡とは縁が切れてしまうのだという。

ホールのラウンジでドリンクしながらのしばし懐かしい話。



そして開演。


S36355419_1753557001430346_82257905

外山さんは指揮台を使わない。


87才とは思えないしっかりとした足取りでステージに登場すると
いきなり長い指揮棒を一閃。


なんとなく唐突感はあるけれど、ホール内に豪然と響く引き締まった音。


今までの静響からは聞けなかった無駄のない凝縮した響きだ。


快適なテンポで緊張感に満ちた素晴らしいシューマンが鳴り響く。



カバレフスキーのような軽い曲も良い意味での職人技の光る快演。



休憩を挟んでのシューベルト冒頭のホルンは2本で吹かせていた。

こちらもステージに登場して足を止めたと同時に指揮棒をふりはじめた。

それでも2本のホルンがぴったり合っていたのが不思議。


今にして思えば外山さんがステージに足を踏み入れたその瞬間から、シューベルトへ指揮が始まっていたのだと思う。


速めのテンポでぐいぐいと引っ張っていく。

オケが必死に食らいついていくのがなんとも感動的だ。

繰り返しは全て励行しているけれど停滞感はない。

集中力と、ほどよい緊張感が全曲を支配。


関係者の話では耳の良さと厳しい練習が有名で、楽団員はかなり恐れていたとのこと。


練習は全曲を通すことはなく、要所要所を何度も繰り返す練習だったらしい。


アンコールはシューベルトのロザムンデ間奏曲。

オケを自由に歌わせてロマンティックで美しい演奏。


終わったあとの楽団員たちの指揮者を見つめる尊敬の眼差しが印象的だった。



次回は野平一郎指揮でフォーレのレクイエムをメインビゼーの交響曲などのフランスもの。

その次は高関健指揮でシベリウスの交響曲第2番などの魅力的なプログラムが続く。


プロオケとしては未だに発展途上のオケだけれども、このような演奏が毎回聴けるのであれば定期会員も良いかなと思った。



帰りの車中、Tさんと興奮覚めやらぬ中での立ちながらの音楽談義を小一時間。


転居先の茨城では、息子さんが所属するアマオケに入団するつもりだと言う。


Tさんお元気で、そしていろいろとありがとうございました。




youtubeは外山雄三指揮N響の「ラプソディー」。懐かしい顔ぶれです。

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

本日の練習、ハリーポッター、そして原田曜平氏の講演

今日から七月。
梅雨も明けていよいよ夏の日曜日。

昨日の朝、湿度が高く雲がずいぶんと下まで降りていた。

Sdsc09356

先週後半の夜は私的なスケジュールが連続。

水曜日はボエームの会

木曜日はオケの練習

金曜は沼津市主催の市民大学


そして昨日土曜日は静岡交響楽団定期演奏会。



上半期の仕事上の大きな山を越え、
いくつか組織上の悩ましい問題はあったものの、
自分のペースが保たれていたのがありがたい。

後半戦もこのペースで進めていきたいもの。



木曜のオケの練習は12月のファミリーコンサートに
向けての練習。

場所は市民文化センター地下のリハーサル室。

Sdsc09351

仕事で参加は遅れて30分の遅刻。

既にハリー・ポッターの練習が始まっている中で
娘の横に空いていた4番ホルンの席に滑り込む。



トトロ、スターウォーズ、サウンド・オブ・ミュージック
などおなじみの名曲たち。

ホルンセクション未だパート割りが決まってなくて、
その日の練習に参加したタイミングで空いているパートを
吹いている。


Sdsc09353


今回のような音符の読み替えの必要のない
F管の譜面ばかりの曲はありがたい。


オケの経験の少ない娘も嬉々として吹いていた。





翌日金曜日の夜は沼津市民大学
これは市主催の市民向けの講座で受講料5000円で全9回。

S36317839_1751990498253663_44166732

今年の講師陣は比較的著名人が多くて、養老孟司、
辛坊治郎、斎藤孝、原田曜平、ヤマザキマリ氏ほか。

仕事もありとても全部は受講できそうもないけれど、
いくつか聞きたい話があったので申し込みをした。

今回は応募者多数で抽選になったものの幸いにして当選。

今回は博報堂ブランドデザイン若者研究所の原田曜平氏。




演題は「若者消費から見る今後の日本の消費
~来る平成の次の時代に向けて」


S36316932_1751990878253625_46213565


氏は「さとり世代」などの言葉の産みの親で、
日本テレビのZIPなどの仕掛人。
金曜日にはレギュラー出演している。
話は面白かった。

平成生まれの若者世代の思考がどのようなものであるか、
聞いているうちに自分の子どもたちや
職場内での若手職員の行動などと見事にオーバラップ。

なるほどなるほどと納得する事象の数々。


思えば平成は暗い時代だった。

長引く不況、リーマンショックに地球温暖化に伴う
自然災害の巨大化。

二つの大震災、オウム事件など。
少子高齢化に伴う人口減少とネット社会。


このような時代に育った若者は
自然と内向きになってしまうのだろう。

ここ10数年で日本の国力は目に見えて落ちていった。

そして中国の大きな台頭。

中国の若者世代の人口が日本の総人口に匹敵することを
原田氏の講演で初めて知った。

この世代がこれからの中国を牽引していく。


日本はこれからどこへ行く。


長くなりましたので静響の感想は次回。

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ