« 中国製デジタルアンプで聴く | トップページ | 三島暦師の館での蓄音機レコードコンサート »

2018年9月22日 (土)

皆川達夫先生の「洋楽事始」

曇、湿度が高く蒸し暑い。

今日は彼岸の墓参り。

金曜の夜は沼津市民文化センターでクラシックレコードコンサートの解説。

仕事を定時で上がり会場の沼津市民文化センターへ。

気温は下がりあいにくの雨模様。


今回は「長崎・天草の潜伏キリシタン」の世界遺産登録にちなんでグレゴリオ聖歌を取り上げた。

Sdsc09663

皆川達夫先生の「洋楽事始」のレコードから、長崎生月島に260年にわたって伝えられたオラショ「ぐるりよざ」現地録音とその原曲のグレゴリオ聖歌の比較。

そしてデュリュフレやヴェルディ、モーツァルトの「レクイエム」の聴き比べ。
幻想交響曲の「怒りの日」など・・・



Sdsc09662

凝った内容にもかかわらず来場された方々から熱心な質問も出て盛り上がった。

21762726_1459989537453762_436357051

明日は三島で蓄音機を使ったレコードコンサート。

今日は使用する80年前の古い蓄音機の調整。

ちゃんと動くかな?

ふぅ・・・・

Youtubeはバーンスタイン指揮のヴェルディ「レクイエム」

|

« 中国製デジタルアンプで聴く | トップページ | 三島暦師の館での蓄音機レコードコンサート »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国製デジタルアンプで聴く | トップページ | 三島暦師の館での蓄音機レコードコンサート »