« ホルストの歌劇「放浪学者」のことなど | トップページ | 上野の森美術館のフェルメール展 »

2018年10月16日 (火)

マッケラス、3度目のメサイア

薄曇り、日中ほとんど気温上がらず。

通勤途中にビルの谷間から見える富士山は雪化粧。


画面中央には鳶、上空左側には軍用ヘリが飛んでいる。


Sdsc09803


10
日ほど前に30度を超えたのが信じられないほど。

微かに感じられる冬の訪れ。

 

仕事は内憂外患。

外へ打って出る以前に建前重視旧態依然の組織風土が悩ましいところ。

 

 

通勤途中の車内でヘンデルのメサイアを聴いている。

 

演奏はサー・チャールズ・マッケラス。

 

マッケラスはウィーンで実演を聴くことができた。

チャイコフスキーの弦楽セレナードの美演は今でも忘れ難い演奏の一つ。

 

 

 

マッケラスの「メサイア」全曲録音は3種。

 

・イギリス室内管、アンブロジアンシンガース

                 1965年録音    ラム校訂版

 

・オーストリア放送響、合唱団   1977年録音 

        モーツァルト編曲版    ドイツ語歌唱

・ロイヤルフィル、ハダーズフィールド合唱団 

    1988年録音 モーツァルト編曲版 英語歌唱

 

 

 

この中の3度目のロイヤルフィルとの演奏を聴いていた。

A

モーツァルト版との標記だが、モーツァルト版オリジナルのドイツ語ではなく

英語による歌唱。

しかも各所で伝統的なプラウト版を使用している折衷版。

 

オケ編成はモーツァルト版そのままのようでホルンの響きも聞こえてくる。

 

合唱はサージェントの「メサイア」でも充実の合唱を聴かせていたアマチュア合唱団のハダーズフィールド合唱団。

 

 

いわゆる古楽器的な小編成の「メサイア」ではなく、フル編成オケによる一時代前の演奏スタイル。

 

 

マッケラスの手慣れた音楽運びに熱く応える合唱団が聞きものだ。

 

ただし版の使用も含めて幾分中途半端な感は否めない。

 

 

S_p8060258

自分としては少人数のオケと合唱で端正で格調高い最初のラム般の演奏が好ましい。

|

« ホルストの歌劇「放浪学者」のことなど | トップページ | 上野の森美術館のフェルメール展 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

ご感想と経験談について参考とさせていただいてます。
ありがとうございます。
目下やみくもに安めの中古CDを探して聴いている初心者です。

投稿: ぽんた | 2023年4月 4日 (火) 07時53分

ぽんたさま。
コメントありがとうございます。
こんな文章でも参考としていただいて幸いです。
最近CDはハードオフあたりでかなり安く買えるので、私もあい変わらず買ってしまっています。
よろしくお願いします。

投稿: 山本晴望 | 2023年4月 4日 (火) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホルストの歌劇「放浪学者」のことなど | トップページ | 上野の森美術館のフェルメール展 »