« 2018年10月 | トップページ

2018年11月に作成された記事

2018年11月17日 (土)

ウェルザー=メスト&ウィーンフィル来日公演

曇のち晴れ、朝晩少しずつ冷えてきた。

木曜は所用があり東京に行っていた。

用件は午後からだったので朝早めに家を出て、国立博物館で開催中の「マルセル・デュシャンと日本の美術展」。

Sdsc09930

デュシャンの特異な作品の数々のうち主に絵画作品が中心の展示。

既製品に多少手を加えた作品としては有名な「泉」(小便器)、瓶乾燥器など。

Yxpz7fdfixllksbx1wzf7n877hedb6wdtqq


ウーム、正直なところ私には解説を見て初めて意味がわかる作品が多かった。

平日でもあり入場者はさほど多くない。


デュシャンと関連付けて第二部は「デュシャンの向こうに日本がみえる」と称して国立博物館所蔵の作品展示。

自分としてはこちらがお目当て。

利休が愛した長治郎作の黒楽茶碗「むかし咄」

豊臣秀吉の北条攻めの際、伊豆韮山の竹を使い利休が作製したと伝わる竹一重切り花入れ「園城寺」。


Hanaire_take01


本阿弥光悦作の国宝「舟橋蒔絵硯箱」と光悦自身の美しい書「摺下絵和歌歌巻」。


そして狩野探幽と俵屋宗達が同じ題材で書いた「龍図」


他に東洲斎写楽、喜多川歌麿など。

国宝重文がずらりと並んだ展示。

いずれも広く知られた逸品ばかり。

間近に見る利休の切花入には周りに人もおらず、時間の経つのを忘れて長い間見入ってしまった。

竹の口をよく見ると内部に通る一筋の茶紫の線が実に良い雰囲気だ。

これは至近距離で見ないとわからない。

光悦の蒔絵のどっしりとした重量感。


デュシャンとの関連はよくわからないが良いものを見た。


Sdsc09936


ちょうど国立博物館では庭園の一般開放中で、紅葉を期待して入ってみた。




Sdsc09939

紅葉にはまだ早かったけれども、庭園内に点在する江戸時代の茶室の素朴で落ち着いた趣に心安らぐ思い。

利休の作品の余韻にうまくつながった。


昼食は娘の働く会社近くのステーキレストランで娘と待ち合わせ。


午後からの所用を済ませて夜はミューザ川崎シンフォニーホールでウィーンフィル来日公演。


Sdsc09941

ウィーンフィルの実演は1989年のアバドでモーツァルトとブルックナーを聴いて以来。
その時はオーチャードホールだった。



今回の席は4階やや右側。このホールの上の階は前の席との間が狭い上に一列が長い。
居心地は良くないが音はバランス良く聞こえていた。


14051


指揮はウィーン国立歌劇場総監督を歴任しクリーヴランド管弦楽団の音楽監督にして ニューイヤーコンサートにも登場しているフランツ・ウェルザー=メスト。

・序曲「謝肉祭」作品92        ドヴォルジャーク
・ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102
                     ブラームス
・「神々のたそがれ」第3幕抜粋   
              ワーグナー~ウェルザー=メスト編曲

ヴァイオリン:フォルクハルト・シュトイデ
チェロ   :ペーテル・ソモダリ

ブラームスとワーグナーの曲は作曲者自身がウィーンフィルを振って演奏している曲だ。

ソリストの二人はウィーンフィルの団員でヴァイオリンはコンマスの一人でチェロはウィーン国立歌劇場のソロチェリスト。


最初のドヴォルザークからコントラバス8人の16型。

ウェルザー=メストの音楽は奇をてらわずウィーンフィルの特質を上手く引き出していく正統的なもの。


Sdsc09946


オケ全体の響きに溶け合いながらも自己主張も充分。

ソロとオーケストラが一体となってじっくり豊かに歌い上げる第二楽章を聴いているうちに、ブラームスとウィーンフィルとの深い絆のようなものが時代を超えて伝わってきた。


これが伝統というものなのか。



流れの良いウェルザー=メストの指揮もウィーンフィルの自発性を見事に引き出している。




ワーグナーは楽劇「神々のたそがれ」第3幕から4曲をウェルザー=メストが編曲して接続曲としたもの。

夜明けとジークフリートのラインへの旅に始まり1曲置いて葬送行進曲。
最後に終曲。

再び16型、ティンパニ奏者2人にワーグナーチューバを含むホルン8人、バストランペットも加わる大編成。

これは圧巻だった。

深く奥行きのある重量級の音がほどよい音圧でホール内を満たし、ウィーンフィル独特のティンパニの音がずしりと音楽全体を引き締めていく。

フォルティシモでのウィンナホルン8本の咆哮には鳥肌が立ってきた。
ジークフリートコールのホルンソロでは、最初ステージ裏で吹いているように聞こえたけれど、良く見るとステージ上で吹いていた。
これは音を後ろの壁面に反射させて、あたかも遠くのステージ裏から響くように吹いていたのではなかろうか。
これには驚いた。



アンコールはヨハン・シュトラウスを2曲。


・ワルツ「レモンの花咲くころ」
・ポルカ「浮気心」

やはりこのような曲になるとウィーンフィルは特別な存在だ。

youtubeはウェルザー=メスト指揮クリーヴランド管のブルックナー、交響曲第8番

| | コメント (2)

2018年11月13日 (火)

サージェントのウィンナワルツ

曇り時々雨。

年末調整の時期になりいつもながら保険料などの申告。

子供たちに手がかからなくなり昨年保険を大幅に見直したので、今年はだいぶ少なくなった。




今日は一日オフ。



午前中にいつもの床屋へ行くと客は一人だけ。


ここはいわゆる全国チェーンの理髪店。

いつもは男性の理容師2人だが今日は若い女性が2人。

その中の見習いっぽい女性が担当だった。


やはりそれなりの仕上がりだったが、ちょうどポイントが溜まっていて千円引きなのでよしとしよう。




最近肩こりがひどいのでそのまま馴染みのもみほぐしの店へ。


こちらも最近増えてきた全国チェーンのお店。


いつもお願いしていた人が見当たらず、こちらも若い女性が担当。

ぎゅうぎゅうとマッサージを45分。
こちらも前の人の方が上手かったかな。




音楽はサージェントのウィンナワルツなどを聴いていた。


東芝のセラフィムの廉価盤LP.


Sdsc09927

・ウィーンの森の物語
・皇帝円舞曲
・美しき青きドナウ
・芸術家の生涯

以上ワルツ4曲。

オケはロイヤルフィル。



シンフォニックな中にもエレガントな雰囲気があってなかなか良い。

譜面に忠実のようでいて時々崩し気味になるのもベテランの味だ。



「皇帝円舞曲」の第1ワルツ直前のテンポの落とし方などうまいもの。



「ウィーンの森の物語」では前奏と後奏に入るチターのソロが入ることで有名だが、
シュトラウスはチターが調達できない場合を想定してこの部分に弱音器を付けたソロヴァイオリン2本に弦楽6部の譜面を書いている。


サージェントはこのシュトラウスのチターなし譜面を使用しているが、さらにハープを加えて絶妙の効果を上げていた。


このハープの追加はサージェント独自のアイディアかと思う。



youtubeはサージェントの解説付き「運命」

| | コメント (0)

2018年11月11日 (日)

東欧のホルン奏者たち

本日快晴。
土曜日はご近所の結婚披露宴に招かれていた。

久しぶりの結婚披露宴。

この前白ネクタイを締めたのはいつだったかな・・・

新郎は古くからの農家の長男と言うことでホテルに集まった招待客は二百人ほど。


新郎の父は自分の父と同じ世代で子供の頃から世話になっている方。

長く待ち望んだ息子の結婚に喜び以上に安堵の表情。



夜は高校吹奏楽部の後輩が家に遊びに来ていた。


ホルンを吹いていた彼はいつものように海外で買い付けた珍しいLPを持参。

バルト三国などの中古屋で仕入れてきたLPは主に東欧のホルニストたちの演奏。

Melodiya、SUPRAPHON、PANTONなどの馴染みのレーベルながらよくぞこんな演奏を発掘したと唸るものばかり。




最初にPANTONから出ていた70年代のプラハのコンクールの入賞者実況録音盤.

ここでの10代のホルン奏者の二人の演奏。

曲はイタリアバロック期の作曲家ストラデッラの「教会のソナタ」のアレンジなど珍しいもの。

演奏は今ではこの水準での入賞は難しいかな、と感じる程度。

その頃の典型的なソビエトや、東欧のホルンに聴かれる明るくヴィヴラート豊かな音色が面白い。


今でも活躍していれば50代半ばだが、ネットで検索してみても名前は見つからなかった。


大成するまでもなく消えてしまったのかもしれない。


もう1枚はエストニアのホルン奏者のKalle Kauksi(1949-1992)が吹くアッテルベリなどの北欧の近代作曲家達のホルンとオーケストラのための作品を集めたMelodiya盤


R387553814391242764410jpeg


他にアレンスキーの弟子のロシアの作曲家Alexander Goedicke(1877-1957), エストニアのEls Aarne(1917-1995)の作品など


Aarneの曲はロマンティックな中にグリーグにも似た北欧的な叙情味漂う佳品。



ここでのKauksiの余裕を持ったパワーと弱音のコントロールが凄い。


オケはPeeter Lilje指揮のエストニア国立交響楽団。

1990年プレスのMelodiyaのLP。

ソロがオーケストラに埋没している録音バランスが惜しい。




もひとつホルンのティルシャルやフルディナなどのチェコフィルの名手達を中心に集めたコレギウム・ムジクム・プラハによるグノーの小交響曲やダンディのシャンソンとダンスなど、フランスの作曲家たちの木管合奏のための作品を集めたSUPRAPHON盤。



他にLouis Théodore Gouvy(1819~1898)のゴワローズ小組曲、



Charlesgounodvincentdindylouistheod



速めのテンポの中に明るい音色の往年のチェコの管楽奏者の妙技が堪能できるゴキゲンな演奏だ。


これはダブリ買いとかでいただきました。ありがとう。



極めつけは国内の私家盤で、日本女子大合唱団の1960年定期演奏会ライヴ。
指揮は木下保

この中のブラームスの2本のホルンとハープ伴奏による合唱曲「女声合唱による4つの歌」。

ここでホルンを吹いているのが当時N響のホルン奏者だった千葉馨と薗清隆だったのには驚いた。

1960年といえば千葉馨がヨーロッパでデニス・ブレインに師事して帰国した2年後のことだ。


へぇー・・・・


こんな盤が存在するなんて全く知らなかった。


いずれもCDにはなりそうもない。(売れそうにもない)


彼によると北欧東欧あたりの個人経営の個性的で面白い中古レコード店は次々と閉店しているのだという。


Youtubeはブラームスの4つの歌、アバドの指揮

| | コメント (0)

2018年11月 9日 (金)

本日の練習、スター・ウォーズの難しさ、そして合唱幻想曲のことなど

曇りのち雨。

沼響ファミリーコンサートの本番が迫ってきた。
昨晩はオケの練習。

Sdsc09923


場所は市民文化センター小ホール

団内指揮者F君の指揮で「スター・ウォーズ」と「となりのトトロ」。


Sdsc09925



2曲とも過去に何度も演奏したことがある曲なのに「トトロ」はともかく「スター・ウォーズ」は演奏するたびに難しさが増してくる。


体力の衰えとは別の何か・・・



今日はスプラフォンのLPでベートーヴェンの合唱幻想曲を聴く。


Sdsc09910


「第九」を作曲する前の習作のような曲でピアノ独奏から始まりオケが入り最後に合唱が加わる他に類を見ない実験作。


ヤン・パネンカの明快にしてハッキリとしたソロ、途中から入るスメターチェクの伴奏も雄弁なもの。



youtubeはアバド指揮ベルリンフィルの「合唱幻想曲」、ピアノはキーシン

| | コメント (0)

2018年11月 7日 (水)

ボールトのウォルトン、交響曲第1番

爽やかな秋晴れの一日。

今日は寒くない立冬。

BSの音楽番組「エンター・ザ・ミュージック」でアマオケの雄、芦屋交響楽団が紹介されていた。


芦屋交響楽団創立50年の伝統ある団体で水準も非常に高い。
そのリハーサルや本番の様子。

前プロがシベリウスの交響詩「タピオラ」、メインがなんとウォルトンの交響曲第1番。



このウォルトンの交響曲第1番は、以前指揮者の佐渡裕を紹介するテレビ番組でイタリアのプロオケが悪戦苦闘する模様を見たことがあり、
その様子からとてもアマオケの手に負える曲ではないと思っていた。


ところがイタリアのプロオケの上を行く芦屋交響楽団のその見事な演奏には驚くばかり。


今の沼響にはウォルトンどころか「タピオラ」も難しいだろうなぁ。


そこで今日はウォルトンの交響曲第1番。


Sdsc09914

演奏はボールト指揮のロンドンフィル。
パイ原盤のティチクが出していたLP。


学生時代に購入したLPで、当時1500円。



未知の曲に迷いつつも高校時代に演奏したウォルトンの「クラウン・インペリアル」のカッコ良さを連想しながら思い切って買った当時の様子までも覚えている。



そしてアパートの一室のポンコツのシステムステレオで聴いた時、そのボケたような音に一瞬モノラルではなかろうかと失望したことも。




イコライザーカーヴが合えばまともな音で聴けるのではなかろうかと、古いレコードを取り出してみた。


何年ぶりだろう。


いろいろと試みてffrrカーヴが一番良かった。



スポーツカーをぶっ飛ばすようなスマートな演奏もあるけれども、このボールトの演奏はしっとりじっくりと外面的効果は狙わず、地味ながらこの曲のハードボイルドな男の魅力漂う渋い演奏を聴かせてくれる。


それでいて春の祭典にも似た第2楽章の躍動感も見事。


これはRIAAカーヴでは感じ取れなかったもの。

Youtubeはビシュコフ指揮ケルンWDR交響楽団のウォルトンの交響曲第1番

| | コメント (0)

2018年11月 6日 (火)

オケ日曜練習と「ローマ人の物語」

曇時々雨。

ここ数日雨模様。
日曜に仕事が入ったりしたので今週は長い1週間になりそうだ。

腰のあたりに鈍い痛み、数年前に交通事故で強打した左胸もこの時期になると痛み出す。

平成の時代の終焉とともに組織上に大きな動きが有り、そちらへ向けての方針策定の準備がいよいよ本格的に。


最寄りのブックオフに立ち寄ると100円コーナーの塩野七生著「ローマ人の物語」の単行本が目に入った。

Sdsc09912

1992年に刊行された第1巻から第6巻までが1冊税込108円。

最近、日本の衰退ぶりに国家の盛衰に思いを寄せることが多く、ローマ帝国について興味を持ち始めたところ。

図書館で借りて読んでも良いのだが、自分は本が手元にないと読んだ気にならないタイプなので場所を取ることを承知で手を出してしまった。


 

最終の第15巻が完結したのが2006年。
文庫本で全43冊になんなんとする大作。

とにかく読み始めてみよう。



日曜夜はオケの練習。

41092136_1152446361576208_360098696

 
場所は文化センター小ホールで和田先生の指揮。

自分と娘のホルンを持って仕事場から直接練習会場へ。

友人と遊びに出ている娘とはホールで合流することになっている。



日曜練習では3時間取れるので今回は演奏会の全ての曲を練習。

管楽器は下田先生のトレーニングが効いて、まとまった響きが出てきているようだ。


S20181104_190823060

音程がぴったり合い、力まずにホールの隅々まで響きが到達しているのが心地よい。


こうなると練習も愉しい。


本番までいよいよ一ヶ月を切った。

Youtubeは「ローマの祭り」から

| | コメント (0)

2018年11月 3日 (土)

オケの練習とレコードコンサートのことなど

一日曇天の土曜日、早朝東京に行く娘を駅まで送る。
気温も下がってきた。

定期的に通っているクリニックに行くと臨時休診。

今日は朝からどうも幸先が悪い。



昼前に契約しているケーブルテレビのお客様フェアがあり、粗品が出るというので家内と駅近くのプラザ・ヴェルデへ。

ちょうど同じ会場では植木や盆栽などの「みどり祭り」とアニメ作家のフェアも同時開催中。

お年寄りからアニメファンたちなど、バラエティに富んだ年齢層で賑っていた。

フェアで粗品の牛肉をいただき昼食は沼津駅南口の「鮪小屋」

Sdsc09905

かつお刺身定食は鮮度も良くてなかなかのもの。


ちょうど我が家では9月の台風でダメージを受けた屋根の修理が終了。

足場が残っているうちに屋根に昇ってみると周囲は良き眺めだった。

Sdsc09890


今週の木曜日夜はオケの練習に娘と一緒に参加。

場所は市民文化センター大ホール。


本番を振っていただく和田マエストロの指揮でオーケストラストーリーズ「となりのトトロ」と「スターウォーズ」組曲。


Sdsc09894


先生の巧みな話術で笑いを誘う和やかな中にも厳しい指摘。

2時間が瞬く間に過ぎていく。

それにしても「スター・ウォーズ」はキツイ。


そして翌金曜日の夜もまたまた市民文化センター。

Sdsc09902

視聴覚室で隔月開催のクラシックレコードコンサートの解説。

Sdsc09897

今回は一足早くベートーヴェンの「第九」を中心としたプログラム。

やはり「第九」は人気が有り、会場はほぼ満席だった。

ありがたいことです。

Sdsc09907

ここではモーツァルトのトルコ行進曲付きソナタも紹介して、第九にも出て来るトルコ行進曲の話など。


youtubeは久石譲指揮の「となりのトトロ」ナレーターは樹木希林

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ