« ボールトのウォルトン、交響曲第1番 | トップページ | 東欧のホルン奏者たち »

2018年11月 9日 (金)

本日の練習、スター・ウォーズの難しさ、そして合唱幻想曲のことなど

曇りのち雨。

沼響ファミリーコンサートの本番が迫ってきた。
昨晩はオケの練習。

Sdsc09923


場所は市民文化センター小ホール

団内指揮者F君の指揮で「スター・ウォーズ」と「となりのトトロ」。


Sdsc09925



2曲とも過去に何度も演奏したことがある曲なのに「トトロ」はともかく「スター・ウォーズ」は演奏するたびに難しさが増してくる。


体力の衰えとは別の何か・・・



今日はスプラフォンのLPでベートーヴェンの合唱幻想曲を聴く。


Sdsc09910


「第九」を作曲する前の習作のような曲でピアノ独奏から始まりオケが入り最後に合唱が加わる他に類を見ない実験作。


ヤン・パネンカの明快にしてハッキリとしたソロ、途中から入るスメターチェクの伴奏も雄弁なもの。



youtubeはアバド指揮ベルリンフィルの「合唱幻想曲」、ピアノはキーシン

|

« ボールトのウォルトン、交響曲第1番 | トップページ | 東欧のホルン奏者たち »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボールトのウォルトン、交響曲第1番 | トップページ | 東欧のホルン奏者たち »