« コンヴィチュニーのベートーヴェン、そしてクレンペラーの「真夏の夜の夢」 | トップページ | 沼響、平成最後の合宿 »

2019年4月12日 (金)

本日の練習、ピアノ、オルガン付き

雨のち曇り。本日の最高気温11度。

 

今週は雨が多くて庭の工事が捗らない。

 

 

 

木曜日はオーケストラ。
沼響春の合宿直前のホール練習だった。

 

Dsc00720

 

 

横島先生の指示でこの練習からホルンは下手(しもて)奥横一列に並ぶことになった。
自分の目の前がセカンドヴァイオリンなのが新鮮。

 

サン・サーンスでは4手ピアノの奏者二人が初めて参加。

 

 

 

Dsc00707

 

 

一人は社会人、もう一人は今年音大の付属高校に入学したばかり。
いずれもピアニストの海瀬京子さんのお弟子さん。

 

 

今回オルガンの代用として小さな電子キーボードとスピーカーを持ち込んだ。
これが意外と大きな音で効果バツグン。

 

 

本番はそれなりの装置を持ち込むとはいえ練習にはこれで十分だ。

 

 

練習はサン・サーンスの交響曲第3番第2楽章から。

 

ピアノそして代用品とはいえオルガンが入るだけで響きがゴージャスになってきた。

 

いよいよ明日から沼響35回目の春の合宿。

 

天城は寒そうだな。

 

この時期の天城はいつも雨。

 

Youtubeはサン・サーンスの交響曲第3番第2楽章、ヴィヨーム指揮N響

 

 

|

« コンヴィチュニーのベートーヴェン、そしてクレンペラーの「真夏の夜の夢」 | トップページ | 沼響、平成最後の合宿 »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンヴィチュニーのベートーヴェン、そしてクレンペラーの「真夏の夜の夢」 | トップページ | 沼響、平成最後の合宿 »