« ダルレとドワイアンのサン・サーンス | トップページ | リヒテルの平均律クラヴィーア曲集 »

2019年8月 1日 (木)

本日の練習、ワルツのリズムの難しさ、そしてレハール自作自演

我が家は田舎、後ろは山。
小川が家の周囲を巡っていて、かつては風があれば夏でも涼しい風が入ってきたので扇風機で十分間に合っていた。

ところがこのところの地球温暖化。

川風はいまや熱風に変わり昨年の猛暑に懲りて今年は寝室にクーラーを設置。
ここ数日快適に過ごせている。

 

木曜日はオーケストラ。

市民文化文化センター地下のリハーサル室で、沼響の練習。

Dsc01348

 

曲はモーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」序曲、歌劇「ルスランとリュドミュラ」序曲、レハールのワルツ「金と銀」そのほか。

 

レハールでのワルツでのリズムの取り方が難しい。
いわゆるウィンナワルツ独特の2拍目をどの程度長く取るかの問題。

 

先日の下田先生の管分奏では、リピート2回目でppの場合は小さい半径で踊る部分なので、ウィンナワルツのリズムはさほど意識しなくても良いのではないかのサジェスチョンがあった。

Dsc01352

 

実は「金と銀」は作曲者のレハール自身の録音が残されている。
レハールが戦争中にスイスに逃れた直後の1945年レハール最後の録音。
オケはチューリッヒのトーンハレ管弦楽団。

 

Dsc01355

 

翌年、ユダヤ系のレハール夫人が死去するとレハールは一切の音楽活動から身を引いている。

手持ちは英エクリプスから出ていたLP.

 

聴いてみると華麗にして思いのほか端正、きっちり正確に刻む三拍子のリズムの上に情緒豊かに歌うメロデイが素晴らしい演奏だ。

イコライザーカーヴはffrr素晴らしい音で録音の古さは感じられない。

 

Youtubeはレハール指揮の「金と銀」NAXOS表示の1947年は明らかに誤り。

|

« ダルレとドワイアンのサン・サーンス | トップページ | リヒテルの平均律クラヴィーア曲集 »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダルレとドワイアンのサン・サーンス | トップページ | リヒテルの平均律クラヴィーア曲集 »