« ピアノ調律師瀬川さんの墓参り、そしてリヒテルの平均律 | トップページ | フレモーの展覧会の絵 »

2020年3月12日 (木)

ブーレーズのラヴェル、歌曲集

3月も半ばよく晴れた一日。


通勤途中の狩野川河川敷から見える富士山は眩しい姿。

Img_20200312_083950

 

新型コロナウイルス、WHOは今更ながらのパンデミック宣言。

センバツ高校野球はとうとう中止となってしまった。

高校生の他の種目の大会が軒並み中止となっていく中、センバツも中止になるだろうとの声はいくつか聞いていた。

春夏初出場だった沼津市の加藤学園高校野球部、夏の甲子園出場を目指し頑張って欲しいもの。

 

ブーレーズ指揮BBC交響楽団のメンバーのラヴェルの歌曲集を聴いていた。

様々な歌手によるラヴェルのオケ伴の歌曲を集めたもの。

手持ちはCBSソニーの国内盤LP.

 

Img_8783

 

1:歌曲集「シェエラザード」
2:ステファン・マラルメの3つの詩
3:マダガスカル島の土人の歌
4:ドゥルシネア姫の思いを寄せるドン・キホーテ
5:5つのギリシャ民謡[第2~4曲:ロザンタール編]

 

ヘザー・ハーパー(ソプラノ)、デイヴィッド・プット(フルート)(1)
ジル・ゴメス(ソプラノ)(2)
ジェシー・ノーマン(ソプラノ)(3)
ホセ・ファン・ダム(バリトン)(4、5)

 

ピエール・ブーレーズ(指揮)
BBC交響楽団(1、4、5)、
BBC交響楽団のメンバー(2)、
アンサンブル・アンテルコンタンポラン(3)

 

 録音 1972年11月13日&14日、ロンドン、EMIスタジオ(1)、
    1977年4月15日、

          ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール(2)、
    1972年2月4日、パリ、IRCAM(3)
    1977年12月9日、

          ロンドン、オール・セインツ教会(4,5)

 

歌手は違えどブーレーズの緻密にして隙のない音楽造り。
テンポといい各楽器の鳴り具合のバランスといいまさに完璧だ。

それでいて歌手たちの個性を生かしているのが見事。

 

この中ではジェシー・ノーマンの存在感が他を圧倒していた。

 

Youtubeはトロヤノスの歌うラヴェル、「シェエラザード」から

|

« ピアノ調律師瀬川さんの墓参り、そしてリヒテルの平均律 | トップページ | フレモーの展覧会の絵 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。御無沙汰しております。
 輸入盤CDで同内容のものを持っていたので聴き直しました。フランス語の歌詞の意味、あまり意識しないで表面ばかり聴いていたので、対訳どこかから引っ張り出して聴き込みをしたいものです。
 ソニーの国内版LP、音の薄さを感じてから購入しなくなったのですが、イコライザーで印象変わるか試してみたいものです。

投稿: 元団員N | 2020年4月12日 (日) 21時23分

久しぶりです。イコライザーカーヴの妙が判ってからはアナログの再生環境が一変しました。CBS盤もよい音です。

投稿: 山本晴望 | 2020年4月13日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピアノ調律師瀬川さんの墓参り、そしてリヒテルの平均律 | トップページ | フレモーの展覧会の絵 »