« ルモーテルのフランス音楽集 | トップページ | ベルマンのラフマニノフ »

2020年3月31日 (火)

カンテルリのドビュッシーの「海」

曇り時々雨。
年度の最終日。
オフィスでは去る人来る人の出入りが多く、落ち着かぬ1日。
一年前の 自分のことを 思うと遥か過去の出来事のよう。

静岡県内でも ウイルスの感染者 が増え始めた 。

 

今日はイタリアの指揮者グイド・カンテルリのドビュッシーを聴く 。

イタリア、ファヴリのLPでピアノロールによるドビュッシーの自作自演のピアノ曲数 曲とのカップリング。
Img_20200324_220844

・交響詩「海」

 グイド・カンテルリ 指揮
 ニューヨークフィルハーモニック
 
 録音 1954年3月7日
    カーネギー・ホールでのライヴ

36歳の若さで飛行機事故で逝ってしまったカンテルリは、長命すればカラヤンとバーンスタインに並ぶ大指揮者になったと思う。

 

カンテルリの 「海 」は、同年のフィルハーモニア管とのスタジオ録音 のほかにNBC 交響楽団 とトリノの放送交響楽団とのライヴがあり、
ニューヨークフィルとのライヴ録音 はニューヨークフィルの自主制作録音を集めたCDセットにも含まれていた演奏で、LPでは珍しいと 思う。

 

このファヴリ のシリーズは一般家庭向きの名曲シリーズで、大部分はステレオ録音の 有名無名の 中クラスの演奏家を起用している 。

その 中でモノラル録音の古いライヴのこの盤は異色の存在だ。

 

聞いてみると 重層的なきらびやかで力のあるオケの 響きと強靭なカンタービレ。

テンポを自由に 動かしながら熱く歌い上げていく大変な名演だった。

 

悪魔的な笑みを浮かべながらオケを思うがままにドライヴしていくカンテルリの表情が想像 できるような凄演だ。

 

ファヴリであえてこの演奏を選んだ理由も納得 。

Youtubeはカンテルリのブラームス、交響曲第1番

 

|

« ルモーテルのフランス音楽集 | トップページ | ベルマンのラフマニノフ »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルモーテルのフランス音楽集 | トップページ | ベルマンのラフマニノフ »