« モートン・グールドの「1812年」 | トップページ | 「ホルン吹きの休日」 ヘルマン・バウマン »

2020年6月25日 (木)

本日の練習、沼響練習再開二日目

昨夜遅くからの雨がそのままの木曜日。
終日断続的に雨。

夜は沼響の練習再開二日目。

仕事を終えてそのまま「ボルカノ」で夕食から練習場へのいつものコース。


Img_20200626_094047

そういえば先週の木曜も雨だった。


沼響練習再開二日目。


105968746_3089404557845577_2738143378205

場所は沼津市民文化センター小ホール。

 

曲は歌劇「ヘンゼルとグレーテル」序曲、「威風堂々」第1番そして「フィンランディア」。


105519110_3089402467845786_6956107505420

密を避けて椅子との間を距離を保ち弦楽器と管楽器の間にスクリーン。

 

106001827_3089406564512043_6431033264094

今回は木管楽器と金管楽器が二列になったので先週よりは合わせやすかった。


104561905_3089403297845703_7006913203838

だいぶ練習らしくなってきた。

104955653_3089405321178834_5686085419519

試行錯誤は続く。

 

youtubeはペッカ・サラステ指揮フィンランド放送響の合唱付き「フィンランディア」。

ヘルシンキの音楽ホールオープニングから。

|

« モートン・グールドの「1812年」 | トップページ | 「ホルン吹きの休日」 ヘルマン・バウマン »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モートン・グールドの「1812年」 | トップページ | 「ホルン吹きの休日」 ヘルマン・バウマン »