« J.B.チャンスの遺産 | トップページ | ウイリアム・スタインバーグの「惑星」 »

2020年6月18日 (木)

沼響3ヶ月ぶりの練習再開

曇りのち雨。
夜から気温が下がってきた。

 

今日は沼響、3ヶ月ぶりの練習再開。

 

仕事を済ませて木曜のオケ練習前の定番、人気パスタ店「ボルカノ」にて夕食。

この店を訪れるのも3ヶ月ぶりだ。


店内には5人ほどの男性グループとお客も数人。
笑顔で迎えてくれた金髪西欧美人の奥様。

 

コロナ禍にあってもお店はいつもと変わらない雰囲気が嬉しい。

Img_20200618_175319

オーダーしたのはハンバーグとピザを添えたバラエティランチ。

 

そして練習会場へ。

場所は沼津市民文化センター小ホール。

雨がポツリポツリと降り始めた。
Dsc02161

ホールに着くとウイルス対策のために管楽器は横一列、そして弦楽器との間にビニールスクリーンを設置。

 

曲は「フィンランディア」と「威風堂々第1番」そして歌劇「ヘンゼルとグレーテル」序曲。

指揮はチューバ奏者にして沼響とは何度も一緒に演奏したOさん。


Img_20200618_192838

 

久しぶりの練習、スクリーンで指揮が見にくい。

響きがつかめず弦楽器の音はかなり小さく聞こえる。

 


戸惑いの中でしだいに慣れてはきた。


Img_20200618_195441

管楽器が横一列なので「フィンランディア」の冒頭では遠くのトロンボーンはほとんど聞こえない。

 

「威風堂々」は若い頃演奏したことがあるけれどブランクの後なのでかなりキツイ。

こんなに難しい曲だったのかな?

 

演奏はバランスも良くないし音程もふらふら。

 

でもやはりオーケストラはいいものだ。

楽しいな。


Img_20200618_200257

3ヶ月ぶりに会った皆も元気だった。

30年以上続いていた日常のルーティンが徐々に戻ってきている。

 

練習終了後、文化センターの方々が椅子をひとつひとつ消毒してくれました。

今回の数々のご配慮に感謝です。

ありがとうございました。

 

YoutubeはN響ホルンセクションによる「ヘンゼルとグレーテル」

|

« J.B.チャンスの遺産 | トップページ | ウイリアム・スタインバーグの「惑星」 »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« J.B.チャンスの遺産 | トップページ | ウイリアム・スタインバーグの「惑星」 »