« オーマンディのR.シュトラウス | トップページ | シゲティのプロコフィエフ、ヴァイオリン協奏曲第1番 »

2020年9月12日 (土)

ズスケのベートーヴェン

曇り一時雨の土曜日。


夜はだいぶ涼しくなった。


Img_20200710_1937021

金曜の夜は文化センターで再開後2回目のクラシックレコードコンサートの解説。


Dsc02316

定員を絞って完全申し込み制。

マスク着用、休憩時間には換気。

 

プログラムは今回もベートーヴェン。


Img_20200912_211309

 

名ヴァイオリニスト、カール・ズスケの弾くヴァイオリン協奏曲を中心に取り上げた。

 

地味ながらじっくり丁寧に美しく仕上げた演奏。

最初、オケに対して音量が小さいのではないかと思ったけれども、伴奏のオケとの一体感は他の演奏では聴かれないもの。

 

さりとてオケに埋没していないのが見事。

 

あたかもベートーヴェンのもうひとつの交響曲を聴くようだ。

 

秋の夜に美しいベートーヴェンだった。

 

Youtubeはズスケのヴァイオリンでシュポアの「ヴァイオリンとハープのためのソナタ」

|

« オーマンディのR.シュトラウス | トップページ | シゲティのプロコフィエフ、ヴァイオリン協奏曲第1番 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーマンディのR.シュトラウス | トップページ | シゲティのプロコフィエフ、ヴァイオリン協奏曲第1番 »