« アンチェルのプロコフィエフとショスタコーヴィチ | トップページ | ラフマニノフ自作自演、テラーク盤 »

2021年4月30日 (金)

「冬の日の幻想」聴き比べ

昨日一日降った雨は上がり本日快晴。

適度な湿り気に爽やかな風。

Img_20210430_093249

狩野川河川敷からの富士山も良く見えた。

上流の天城山系にはかなりの量の雨が降ったようだ。
川の水が濁っている。

 

定演でチャイコフスキーの交響曲第1番「冬の日の幻想」を演奏してから曲の魅力が初めてわかったような気がする。

今いろいろな音源を聴きなおしている。

チャイコフスキーの後期の交響曲に比べると手持ちの数は圧倒的に少なくてLP、CD併せて12種ほど。ほかにエアチェックのカセットテープやビデオは多数。


F26ja01

ロシア勢ではイワーノフ、スヴェトラーノフ、ロストロポーヴィチ

 

そのほか古いものでスメターチェク、スワロフスキー。


039

続いてカラヤン、マルケヴィッチ、ティルソン・トーマス、オーマンディ、

そしてアブラヴァネル、ムーティ(ライヴ)。

 

あらためて数えてみると意外とたくさんあったな、というのが正直なところ。
古いものばかりだな・・・・・


190295869243

この中でもスヴェトラーノフ、ロストロポーヴィチ、アブラヴァネル、カラヤン、マルケヴィッチは交響曲全集録音中の一枚。
手持ちのムーティはスタジオ録音の全集とは別のもの。


Evgeny_mravinskyimg594x6001495334912g44u

この中のいくつかを順番に聴いている。

 

聴いていていろいろな発見があった。

 

多くの指揮者が意外なほど楽譜指定のテンポからかけ離れて自由に演奏している。

オーマンディーはオーケストレーションにもかなり手を入れているようだ。


31k69cjwe5l__ac_ql70_ml2_

スコア片手に精密に聴き比べればもっと深いところで面白いことが判るかもしれない。

 

ひどいのがカラヤン。


Img_20200127_203506_20210501082501

全集録音の穴埋め用だということが見え見えのダルな演奏に終始している。

 

自分はティルソン・トーマス指揮ボストン響のグラモフォン盤がこの曲の刷り込みだったのだけに、今でもこの演奏が一番好きだ。


ラックスマンのフォノイコライザーとの相性も良くて素晴らしい音を聴かせてくれる。


Iimg1190x120015705823271gukzy52500-1

このトーマスの演奏の第4楽章で新たに気が付いたこと。

練習番号Fから弦楽器が猛烈に速いパッセージをフーガ風に演奏する箇所。


ここはかなりの難所だけれど、トーマスはここで突然ガクンとテンポを大きく落としている。

超一流のボストン響にとってみればインテンポのまま演奏することは何でもない場所。

テンポを落とすことで各声部の動きが立体的に浮き上がり手に取るようにわかるようになっている。


ふーん、なるほどなぁ・・・


924_20210501082101

アブラヴァネルもかなりテンポを動かしていた。

アメリカのオケの伝統なのかしらん。


E066e25c

 

この中では、楽譜から大きく逸脱せずテンポ設定やオケの響きのすべてにわたってバランスの取れているのがマルケヴィッチ。

 

Youtubeはパーヴォ・ヤルヴィ指揮の「冬の日の幻想」。沼響の本番を振っていただいた喜古先生はヤルヴィのアシスタントをつとめた。

 

|

« アンチェルのプロコフィエフとショスタコーヴィチ | トップページ | ラフマニノフ自作自演、テラーク盤 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

元々チャイコフスキーの交響曲は好きでしたけれど、なかでもこの交響曲第一番「冬の日の幻想」!
いつの頃からか、毎年冬になる度、この佳曲を聴くのが習慣となっていました。

この冬も、丁度お奨めのYoutubeのパーヴォ・ヤルヴィ指揮のものを愉しませて頂いていました。

録音の数は、後期三大に比べれば少ない。 とは言うものの、ご案内のCD/LPで、想いの外多彩なのを知りました。(^ァ^)

投稿: もとよし | 2021年5月 3日 (月) 18時57分

もとよしさん、コメントありがとうございます。

「冬の日の幻想」は最初に聞いたとき第2楽章のホルンに痺れました。

それ以後なんとなく他の楽章に馴染みが薄かったのですが、今回実際に演奏してみてこの曲の良さがようやくわかりました。

たくさんの作品を残したチャイコフスキーの初めての大作。

若々しい爽やかな青春の息吹と、曲に対する強い意気込みが練習していくうちにわかってきました。

あらためていくつかの演奏を聴き比べてみると、指揮者それぞれの作品に対する感じ方と温度差がストレートに出ていて非常に興味深かったです。

投稿: 山本晴望 | 2021年5月 4日 (火) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンチェルのプロコフィエフとショスタコーヴィチ | トップページ | ラフマニノフ自作自演、テラーク盤 »