« スペインのギター音楽に浸る | トップページ | ルース・スレンチェンスカのショパン »

2021年4月20日 (火)

ホルヴァートのブルックナー「ロマンティック」

4月も後半に入り昨日から良い天気。


ここ数日の低温から一転して気温も上昇、全国各地で25度以上の夏日を記録。

青空に栄えて富士山が美しい。


Img_20210419_101728

昨日休みで午前中は自動車免許の更新のため警察署へ。

月曜日ということで混んでいた。

午後は畑でトマト、ナス、ピーマンなど夏野菜を植えたりしていた。

 

先日ミラン・ホルヴァートのブルックナーの記事をブログに載せた時に、Youtubeで見つけたドヴォルザークの交響曲第8番の演奏がすごく良くて、Amazonで格安で出ていたのでポチり。

Memoriesから出ているCD2枚組でブルックナー、シューマン、ドヴォルザークの交響曲を収録。

オケはオーストリア放送響でホルヴァートが首席指揮者時代のライヴ。


51zniplimel_ac_

・交響曲第4番変ホ長調 WAB.104『ロマンティク』 :ブルックナー
・交響曲第1番変ロ長調『春』Op.38        :シューマン
・交響曲第8番ト長調 Op.88            :ドヴォルザーク

 ミラン・ホルヴァート(指揮)
 オーストリア放送響交響楽団
 
 録音:1973年

 

今日届き早速聴いてみた。

まずは待望のドヴォルザークから・・

 

ところがCDをセットしても音が出ない・・・

TEACのSACDプレーヤーとの相性が悪いのかなと思いもう一台のPHILIPSのLHH700に切り替えてもやはりダメ。

 

どうやら不良品のようだ。orz

 

別の一枚のブルックナーはちゃんと聴けた。

このブルックナー、8番のザグレブフィルよりもオケの性能が明らかに上。

 

ホルヴァートの指揮も8番の時のようなアバウトさはなく緻密な演奏だった。

知情意のバランスも良い。

巨匠然とした大きな演奏で,ブルックナー後期の交響曲群にも匹敵する立派さで曲が鳴り響いている名演だ。

HMVのサイトではノヴァーク版とのことだが微妙に異なるような気がする。

 

このCD2枚組で数百円だったので返品は微妙なところ。

 

ここまで書いていて、ホルヴァートのドヴォルザークの8番は以前PILZから出ていた幽霊指揮者ヘンリー・アドルフのものだという情報を思い出した。

 

こちらならば手持ちがある!

Youtubeの演奏と聴き比べてみることにする。

 

Youtubeはホルヴァートのリハーサル、曲はベートーヴェンの交響曲第7番

|

« スペインのギター音楽に浸る | トップページ | ルース・スレンチェンスカのショパン »

音盤購入記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペインのギター音楽に浸る | トップページ | ルース・スレンチェンスカのショパン »