« サンマルコ寺院の宗教音楽 | トップページ | 7月音盤購入の備忘録・・・ブックオフのセールで大人買い »

2021年8月14日 (土)

ヴェネチアの栄光

台風から変化した低気圧はそのまま梅雨前線のように居座り全国に大雨。

昨日から大雨の土曜日。

明け方の風雨は台風並み。

Horizon_0001_burst20210814113752770_cove

図書館の前にヤマユリの花。

ワクチン接種2回目の副反応からのダルさは多少続いてはいるけれども、微熱は収まった。

自然と今週は盆休みのようになって実働1日。

 

昨日は県内他市にいる娘夫婦と孫を連れて雨の合間に墓参り。

菩提寺は自宅から徒歩5分ほどの距離。

 

東京オリンピックが終わり専門家の予想通り、どころか想定以上の勢いでコロナ感染拡大が本格化。

東京では新規患者感染は5千人を超え6千人に迫る勢い。静岡県内でも連日の300人越え。

家庭内での感染が増えて医療崩壊どころか家庭崩壊、職場崩壊が始まりつつある気配。

 

今の首相はマキャベリの信奉者のようだ。

なるほど・・・・

 

今日もヴェネチアの音楽。

アンドレア・ガブリエリとジョバンニ・ガブリエリの音楽を聴く。

先日のホーバン指揮の盤とほぼ同じころの録音でこちらは英AngelのLP。

 

R1219972315303247526262jpeg

「The Glory Of Venice(ヴェネチアの栄光)」

A1 Gloria In Excelsis Deo
A2 Benedictus Dominus
A3 Ricercar
A4 O Crux Splendidior
A5 Magnificat                以上アンドレア・ガブリエリ


B1 Buccinate In Neomenia
B2 Timor Et Tremor
B3 Canzona
B4 In Ecclesiis               以上ジョバンニ・ガブリエリ

  デニス・スティーブンス(指揮)
  アンブロジアン・シンガース
  ブラスアンサンブル(リーダー フィリップ・ジョーンズ)
  クリストファー・ケイト(バリトン B4)
  ウルズラ・コナー   (ソプラノ B4)
  バリー・ローズ(オルガン)

 

1967年リリースのアルバム。

この時期ブームのようになってガブリエリの録音がいくつか出ていた。


11e8095f6be

米コロンビアからはアメリカのメジャーオケの首席を集めたり、全く同じタイトルでネグリが指揮したトランペット奏者エドワード・タールとオルガニストのパワー・ビッグスの録音など。


R1069631015025833522721jpeg

 

このスティーヴンス盤もロマンティックで 壮麗なガブリエリの世界。

けれども米コロンビアの一連のガブリエリに比べるとしっとり落ち着きの感じられるもの。

ブラスアンサンブル個別のメンバーはわからないが、リーダーの名前に名手フィリップ・ジョーンズ の名。

 

Youtubeはシカゴ響のメンバーによるガブリエリ

 

|

« サンマルコ寺院の宗教音楽 | トップページ | 7月音盤購入の備忘録・・・ブックオフのセールで大人買い »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンマルコ寺院の宗教音楽 | トップページ | 7月音盤購入の備忘録・・・ブックオフのセールで大人買い »