« デュトワのサン・サーンス | トップページ | ホーレンシュタインの「画家マティス」 »

2021年8月 7日 (土)

ディアベリの田園ミサ

8月最初の土曜日。台風の影響で雲が増えてきた。


Dsc02814

雲の合間に富士山頂。

Dsc02812

午前中ににわか雨。

コロナ感染拡大は深刻。

連日の新規感染者の増加と入院受入れの大きな方針転換の前にオリンピック金メダルラッシュの話題は色褪せて聞こえる。

職場でも一定以上の年齢層からはワクチン接種が話題に出ることが多くなってきた。

半面若い者たちはさほど関心がない様子。
この世代間の危機感のギャップがコロナ猖獗の現実なのだろう。


Dsc02821

今日の外出はポコとの散歩ぐらいで畑の草取りその他。

 

ベートーヴェンのピアノ曲の名作「ディアベリの主題による変奏曲」で名を残す古典派の作曲家アントン・ディアベリ(Anton Diabelli, 1781 - 1858)の宗教音楽を聴く。

 

長くいろいろな曲や演奏を聴いていると、全く知られていない曲や無名の演奏家なのにびっくりするほど良い曲や良い演奏に出会うことがある。

単に自分が知らなかっただけ、ということもあるけれどもこの「田園ミサ」も素晴らしい出会いがあったことで印象に残っている。


Antondiabellichorundorchesterstmichael_p

・田園ミサ ヘ長調(Pastoralmesse In F-dur) Op. 147

   1. Motette "Angelus Ad Pastores" (Offertorium)
   2. Kyrie
   3. Gloria
   4. Graduale "Puer Natus Est Nobis"
   5. Credo
   6. Sanctus
   7. Benedictus
   8. Agnus Dei

    Christa Degler, Sylvia Linden (ソプラノ)
    Sunhild Rauschkolb (アルト)
    Desmond Clayton(テノール)
    Hartmut Müller(バス) 

    Ernst Ehret(指揮)
    Chor Und Orchester Von St. Michael, München
    Gisela Schindler(オルガン)

録音: 19./20. June 1965 in Stephanus-Kirche, München.
録音エンジニア  André Charlin

独Schwann Musica SacraのLP。

 

この曲はクリスマスのために作曲された曲で華やかでロマンティック。

主に通常文から成るとはいえミサ曲というよりもオペラやオラトリオのような趣。

ちなみにすべてのミサで歌われる通常文は

キリエ (Kyrie)
グローリア (Gloria)
クレド (Credo)
サンクトゥス (Sanctus)
ベネディクトゥス (Benedictus)
アニュス・デイ (Agnus Dei)
イテ・ミサ・エスト (Ite Missa Est)

 

ミサの目的によって挿入される 固有文には
イントロイトゥス (Introitus)
グラドゥアーレ (Graduale)
アレルヤ (Alleluia)
トラクトゥス (Tractus)
セクエンツィア (Sequentia)
オッフェルトリウム (Offertorium)
コンムニオ (Communio)

 

この「田園ミサ」には通常文のキリエの前には固有文のオフェルトリウムとしての第1曲モテット「Angelus Ad Pastores(「天使が羊飼いに言った」)が入り、第4曲に固有文としてのグアドアーレとして「Puer Natus Est Nobis(ひとりの幼児がわれらのために生まれ)」の2曲が挿入されている。

 

編成も大きくトランペットやティンパニが活躍する壮大なもの。

 

ベートーヴェンの田園交響曲に代表されるこの時期流行ったパストラル(田園)風楽曲の流れの曲で、多少冗長さはあるけれどもっと演奏されて良い名曲だと思う。

トランペットが活躍する輝かしいグローリアなど感動的だ。

 

演奏者たちはまったく馴染みのない人たちだけれど水準は高く「クレド」の長大なフルートソロなど見事なもの。
独唱者たちも均一の水準でそろっている。

教会の豊かな残響と各楽器の合唱をバランス良く捉えた録音も素晴らしい。

 

レコードジャケットの隅に小さく書かれていた録音エンジニアの名を見て驚いた。

自らのその名をレーベルに名を残す名エンジニア、アンドレ・シャルラン!

曲、演奏、録音ともに高い水準の名盤。

 

Youtubeはディアベリの「田園ミサ」

|

« デュトワのサン・サーンス | トップページ | ホーレンシュタインの「画家マティス」 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デュトワのサン・サーンス | トップページ | ホーレンシュタインの「画家マティス」 »