« ポール・ヨーダーの行進曲集 | トップページ | 9/11のこと、そして指揮者Gerhart Wiesenhütterのことなど »

2021年9月10日 (金)

今宵は緊急事態宣言下のレコードコンサート

再び暑い日が戻ってきたけれど季節は秋。

日は確実に短くなっている。

今宵は市民文化センターでクラシックレコードコンサートの解説。


Img_20201113_182438_20210911003201

緊急事態宣言が出て20時完全撤収ということなので、開演時間を30分繰り上げ18時開始。

プログラムも多少短めにした。

コロナが始まってからは定員を30名に絞っている。

申し込み2日で定員に達してしまったとのこと。


Img_20210910_180923

今回は今年没後100年のフランスの作曲家サン・サーンスを取り上げた。

有名な「白鳥」のほか、沼響が2年前に定演で演奏した交響曲第3番「オルガン付き」など。


R370298415873298586287jpeg

今年没後50年となるストラヴィンスキーも少し取り上げ、今は事実ではないとされているけれど「春の祭典」の有名な初演時にサン・サーンスがいたという話があったということなどを話した。

終了後のアンケートを見ると来場された方には富士や三島、清水町など他市町の人の方が目に付く。

 

帰宅すると県内他市町に住む娘と孫が来ていた。

孫は私の顔を見ると泣き出した。

顔を忘れてしまったらしい。orz

 

Youtubeはチョン・ミョン・フム指揮ラジオフランスのオケでサン・サーンスの交響曲第3番第1楽章後半

|

« ポール・ヨーダーの行進曲集 | トップページ | 9/11のこと、そして指揮者Gerhart Wiesenhütterのことなど »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポール・ヨーダーの行進曲集 | トップページ | 9/11のこと、そして指揮者Gerhart Wiesenhütterのことなど »