« 本日の練習、2ヶ月ぶりのオケ、来年の定演に向けて練習再開 | トップページ | 富士宮での音盤捕獲、エルケルのオペラ「バーンク・バーン」のことなど »

2021年10月27日 (水)

ウイリアム・シューマンの交響曲第3番

昨日からに引き続き穏やかな良い天気の水曜日。

10月も最終週となって頰に触れる風には微かに冬の気配。

今年の秋は短いようだ。


Dsc02959-1

ご近所の柿がたわわに実っているけれども我が家の柿は不作。

今年は結局10個あまりしか採れなかった。

 

昨日休みで午前中はクリニックに行き定期検診。

ついでにインフルエンザの予防接種。

 

なじみの看護師さん曰く・・・


「今年はコロナワクチンの製造に資材が取られてインフルエンザワクチンの生産が少ないです。在庫が少なくなってきました」とのこと。

 

なるほど・・・

 

そのまま近くの市役所へ行き衆議院選挙の期日前投票へ。

投票所には行列ができていた。

 

正午過ぎに帰宅。


午後には腰が痛むという母を連れて整形外科へ。

気がつくともう夕方。

休日は時間が経つのが速い。

 

20世紀アメリカの作曲家、ウイリアム・シューマン(1910-1992)の交響曲を聴いている。

 

交響曲を書いた20世紀アメリカの作曲家ではコープランド(5曲、但し番号付きは3曲)のような著名人もあるけれど他にも数多くの作曲家がいる。

 

思いつくままにW.シューマンのほか、サミエル・バーバー(2曲)ロイ・ハリス(13曲)、ウオルター・ピストン(9曲)ヴィンセント・パーシケッティ(9曲)、ハワード・ハンソン(7曲)、アラン・ホヴァネスは実に67曲!

そしてレナード・バーンスタインが3曲。

 

W.シューマンには番号付きの交響曲が10曲ある。(第1,2番は破棄されたため実際は8曲)

 

聴いたのはNAXOSから出ているジェラード・シュウォーツ指揮シアトル響のW.シューマン交響曲全集録音から第3番と第5番の1枚。

先月ブックオフの1000円以下CD全て半額セールでの捕獲品。

この時6番と8番以外の6曲をゲット。

 


8559317

・交響曲第3番
・交響曲第5番『弦楽のための交響曲』*
・バレエ音楽『ジュディス』**
 
 ジェラード・シュウォーツ(指揮)
 シアトル交響楽団

  録音:2005年9月 1991年1月*
     1992年1月**

 

アメリカの作曲家たちの交響曲の多くは伝統的な技法と形式で書かれているので、さほど難解には感じられない。

 

それぞれ独自の個性はあるけれども、ちょい聴きにはどれがどの作曲家なのか区別がつかないほど。

ウイリアム・シューマンでは特にこの第3番が傑作とされ、バーンスタインやオーマンディ、プレヴィンらの録音も存在する。

 

第3番は2楽章形式で第1楽章はパッサカリアとフーガ、第2楽章はコラールとトッカータ。

 

編成も比較的大きなもの。

バッハの影響を受けながらもコープランドやロイ・ハリスの交響曲にも共通したオケをよく鳴らした平易な曲。

 

シュウォールツの演奏は各楽器が見事な鳴りっぷり。

 

緊張感の中にもアンサンブルは緻密、曲への強い共感があふれる名演だ。

 

Youtubeはウィリアム・シューマンの序曲「チェスター」

|

« 本日の練習、2ヶ月ぶりのオケ、来年の定演に向けて練習再開 | トップページ | 富士宮での音盤捕獲、エルケルのオペラ「バーンク・バーン」のことなど »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の練習、2ヶ月ぶりのオケ、来年の定演に向けて練習再開 | トップページ | 富士宮での音盤捕獲、エルケルのオペラ「バーンク・バーン」のことなど »