« 本日の練習、第38回定演明日は本番 | トップページ | ロートルPHILIPSの「LHH700」復帰 »

2022年5月 2日 (月)

沼響38回定演終わる

曇りのち午後から晴れ。

5月に入ったけれどもここ数日気温が下がり、昨晩はストーヴを炊いたほど。

今朝は町内のゴミ当番。

ご近所の人たちと立ち会っていると、灰色の空からポツリポツリと雨粒が降ってきた。
風も冷たい。


午後から晴れ。


土曜日は沼響の定演本番だった。

279325179_8050842424941129_7603782890281

コロナ感染未だ収まらず、感染対策で弦楽器はマスクをしながらの演奏。

・大学祝典序曲         :ブラームス
・ピアノ協奏曲第26番ト長調   :モーツァルト
  超絶技巧練習曲から     :リスト (アンコール)
・交響曲第4番 ホ短調     :ブラームス

  喜古恵理香(指揮)
  岩間優希(ピアノ)
  沼津交響楽団

今回はマチネ。

GPは午前中で13時半開演。

開演前にフルート四重奏と弦楽四重奏によるウエルカムコンサート。

279372694_8050842644941107_5467810628754

午前は9時集合で曲順のまま10時に練習開始。

279489576_2257257184428448_3856333936205


喜古先生とは2016年のファミリーコンサート以来4回目。

279508511_5134031880049491_1921228391419

若いながらも勉強熱心、ぐんぐん力を延ばして今やパーヴォ・ヤルヴィのアシスタントを務めるほど。

沼響をいつまで指導して下さるのだろうか・・・・

・・なんてことを考えていた。

本番当日、この独特のピリリとした緊張感が何とも言えない。


序曲が終わり降り番のコンチェルト。
ソリストの岩間君は東京音大の1年生。


師である海瀬京子さんも東京から来ていて、隣の席で一緒に聴いていた。

日本音コン1位の実績を持つ海瀬さんは、今2校の音大で教鞭を取っている。

今どきの音大生気質など、いろいろと面白い話を伺うことができた。


今回、岩間君は内田光子作のカデンツァを弾いた。

モーツァルトは自らが弾くことを想定して「戴冠式」を作曲したので、この曲のモーツァルト作のカデンツァは存在しない。

第2楽章のピアノパートは右手のみしか作曲していない。

コンチェルトのあとはブラームスの交響曲第4番。

第2楽章を演奏していて、終盤のチェロが第2主題をたっぷり歌う箇所で涙が出そうになってきた。

279497490_2257257164428450_9525622023755

いかん!!加齢と共に涙もろくなってきた。

でも・・いい曲だな・・・・

そして午後の本番。


今回はモーツァルト、ブラームスという王道のプログラム。
天気も良かったのでお客さんの入りも上々だった。

沼津市長さんの姿も見える。


いつものことだけれど本番の1日は時間の経つのが速い。


終演は15時半。

コロナ禍のために打ち上げはおこなえず、そのまま流れ解散。


なんか味気ないなぁ。


帰宅途中でスマホが鳴った。

私宛の差し入れが会場に残っているという。
自宅を目前にしてUターン。

オフィスのメンバーからのワインの差し入れだった。

帰宅後ワインの栓を開け家内と飲みました。
ありがとうございました。

|

« 本日の練習、第38回定演明日は本番 | トップページ | ロートルPHILIPSの「LHH700」復帰 »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の練習、第38回定演明日は本番 | トップページ | ロートルPHILIPSの「LHH700」復帰 »