« マッケラスのシベリウスとグリーグ | トップページ | 中村紘子のモーツァルト、1975年録音 »

2023年7月19日 (水)

ドラティの指揮でアメリカ最初期の作曲家ウィリアム・ビリングス

水曜の朝、静浦漁港。


360107093_6490425434410122_7735888978859

防潮堤の先は、西郷隆盛の弟、西郷従道の別荘があった西郷島。

近くの牛臥山麓には西郷隆盛の従兄弟の大山巌の別荘もあった。


360100218_6490425531076779_7945231946112

北に目を向けると富士山が雲の上。

 

アンタル・ドラティの指揮でアメリカ最初期の作曲家ウィリアム・ビリングス(William Billings, 1746-1800)の作品を集めたアルバムを聴く。

71kcfimtvxl_ac_sx425_

・The Fun and Faith of William Billings, American
                   :ロバート・ラッセル・ベネット:
・喜びあれ、アメリカ!
・イエス涙を流したもう時
・チェスター             :ウイリアム・ビリングス
・ニューイングランド・トリプティク

                   :ウイリアム・シューマン

 アンタル・ドラティ(指揮)
 メリーランド大学合唱団
 ワシントン・ナショナル交響楽団
 
 録音:1975年4月
   ワシントンD.C.コンスティテューション・ホール

最初のロバート・ラッセル・ベネットの曲は「アメリカ建国200年」を記念して、ワシントン・ナショナル響がロバート・ラッセル・ベネットに作曲を依頼したものでビリングスの『The Fun and Faith』に基づく作品。

ビリングスは同時代のアメリカの群小作曲家たちがほとんど忘れ去られている中で、独立記念日に歌われる革命歌「チェスター」の存在で名を残している。

 

ベネットの名を初めて知ったのは吹奏楽のいくつかの作品。

「バンドのためのシンフォニックソング」などは吹奏楽の古典的な名作として知られる。


P1010648

オケの作品ではガーシュインの「ポーギとベス」の交響組曲は傑作だし、「サウンド・オブ・ミュージック」の管弦楽組曲はスタインバーグの名演もあり、この曲は沼響でも演奏したことがある。

 

ビリングスの編曲作品は、ビリングスが残した合唱曲のいくつかをモザイク風に合唱とオーケストラの曲としてアレンジしたもの。

極めて愛国的な元気の良い音楽。

ビリングスのオリジナル曲3曲も収録されているのもこのアルバムの価値を高めている。

 

この3曲をそのまま現代風のテイストでアレンジしたアメリカの現代作曲家ウイリアム・シューマンの作品も良く演奏される曲。
吹奏楽バージョンもあるし他にオーマンディの録音がある。

 

Youtubeはウィリアム・シューマンの「チェスター」吹奏楽版

|

« マッケラスのシベリウスとグリーグ | トップページ | 中村紘子のモーツァルト、1975年録音 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マッケラスのシベリウスとグリーグ | トップページ | 中村紘子のモーツァルト、1975年録音 »