« クルト・レーデルの「クラシックの散歩道」 | トップページ | 外山雄三のバッハ、アリアとバーバーの弦楽のためのアダージョ »

2023年7月15日 (土)

本日の練習、米田先生の指揮で第九。ベーレンライター新版とブライトコップ新版を吹き比べながら

7月も半ばの土曜日。


梅雨前線未だ去らず今は東北地方が大雨。


359728881_6478561968929802_5890167604253

伊豆村の駅の金のたまご。

中身は燻製たまごです。


359444172_6478562058929793_7132897246860

昨日の午前中は比較的涼しかったので朝から庭木の剪定に取り掛かっていた。

剪定用の電動バリカンがあるので切る作業は捗ったけれど枝葉の処理に意外と手間がかかった。


Sdsc00941

結局大型のごみ袋に13袋。

朝9時過ぎに作業を初めて終わったのはほとんど2時ごろ。

その間水分補給はしたけれど昼食は抜き。

今日になって右手の内側が痒くなった。

どうやら毛虫かぶれらしい。

特効薬はなく痒み止めの軟膏を塗っておく。

 

木曜夜はオケの練習。


359831281_6472667439519255_5278405837946

米田覚士先生の指揮で「第九」の第1、第3楽章。

はじめ集まりが悪く第3楽章から練習開始。

 

沼響が第九を演奏するのは七回目のことで、今回は最も新しいブライトコップ社新版の楽譜を使用する。


今日の練習は前回の第九で使用したベーレンライター社新版の楽譜を持参して、ブライトコップ新版と比較しながら吹いてみた。


359435023_6472667579519241_3190668896839

第一、 第三楽章のホルンパートについてはあまり大きな違いは見つからない。

何箇所かはアクセントの有無の違いはあったけれど、客席で聴いてもほとんどの人はその差を感じないと思う。

 

Youtubeは「第九」の第4楽章、ブロムシュテットの指揮

|

« クルト・レーデルの「クラシックの散歩道」 | トップページ | 外山雄三のバッハ、アリアとバーバーの弦楽のためのアダージョ »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クルト・レーデルの「クラシックの散歩道」 | トップページ | 外山雄三のバッハ、アリアとバーバーの弦楽のためのアダージョ »