« スーストロのトランペットでテレマンほか | トップページ | さそうあきら「マエストロ」とブレンデルのリスト »

2023年11月16日 (木)

テンシュテットのエロイカ

晴れのち曇り。


本日三島からの富士山。


399622099_6508916935897836_2691464492578

 

灯油を買いに行ったら18リットルポリタンクで二千円近い値段。

終わりが見えない円安も続き電気代も値上がり諸物価高騰。

地球温暖化の影響も顕在化して世界的な天変地異と戦火も拡大。

混沌とした令和5年もあとわずか。

 

せめて明るい音楽をと思ったけれど、思いつかずにCD棚から目に止まったのはクラウス・テンシュテットのベートーヴェン。
エロイカを聴いた。国内盤CD.


413

・交響曲第3番変ホ長調作品55『英雄』
・交響詩『はげ山の一夜』*

   クラウス・テンシュテット指揮
   ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

     録音:1991年 9月10月(ライヴ) 1990年5月*

テンシュテットが病に倒れ一時的に復帰した後の録音。

テンシュテットのエロイカでは、学生時代にFMで聴いた北ドイツ放送響を指揮した演奏の印象が強烈で、この時にエアチェックしたカセットテープは何度も聴いている。

この時の演奏は1979年10月3日ロカルノのサンフランチェスコ教会でのライヴ。

このロカルノのライヴはかつていくつかの海賊レーベルでも出ていた。


20170405012

手持ちはDRUMCANレーベルのCDだけれど、音は自分のエアチェックテープの方が良い音だった。

 

他に同じ組み合わせの「エロイカ」が出ている1979年7月の放送用ライヴ
「コリオラン」序曲とのカップリング。

 

演奏そのものは聴衆を前にしたロカルノのライヴが良い。

 

あとテンシュテットのエロイカの手持ちでは、ウィーンフィルとの唯一の共演となった1982年8月29日のライヴと、TIENTOレーベルから出ていた1988年10月23日のロンドンフィルとのライヴ。


Img_20231116_223516

 

今日聴いたEMIのエロイカは、残されたテンシュテットの最後のエロイカ演奏。

 

この数年後に再び倒れ1998年に死去。

 

今日はこのエロイカ全てを聴き直したわけではないけれど、ロンドンフィルとのEMI盤は他の演奏に比べ第一楽章の演奏時間が1分ほど長い。

ただ聴感上はほとんど他の演奏との差が無い。

 

堂々たる風格、さりとて停滞せずに音楽は格調高くスピーディーに進んでいく。

テンシュテットのタイプとしては20世紀初めの巨匠タイプ。

だが音楽は少しも古さを感じさせない。

 

テンシュテットのエロイカではいずれも第2楽章が秀逸だけれど、この晩年の演奏はとりわけ感動的だ。

演奏終了後の拍手も収録されている。

カップリングは「はげ山の一夜」。

最初CDを見たときに何故ムソルグスキー?
と思ったけれど、こちらも凄絶な名演だった。

 

テンシュテットにあと10年の命があったら、どのような高みに到達していただろう。
などと考えていました。

 

Youtubeはテンシュテットのワーグナー、楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第一幕前奏曲

|

« スーストロのトランペットでテレマンほか | トップページ | さそうあきら「マエストロ」とブレンデルのリスト »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーストロのトランペットでテレマンほか | トップページ | さそうあきら「マエストロ」とブレンデルのリスト »