« ホリガーとイ・ムジチのヴィヴァルディ | トップページ | 本日の練習、田中健先生でシューベルトの「グレート」第1、第2楽章 »

2024年1月 9日 (火)

本日の練習、今年の初吹きは伊福部昭

終日晴れ、気温は低く午後から冷えてきた。

北陸地方は雪の中で未だ先の見えない救難救助活動が続く。

昨日は成人の日、迎えるはずだった新成人たちはどうしているだろうか。

 

 

今日の昼食は仕事場近くの「祥和居」で四川風担々麺と半チャーハンのセットで。

Dsc_1579

日曜に正月恒例のTV番組、「芸能人・格付けチェック」で定番のアマオケとプロオケの聴き比べをやっていた。

ブラインドテストで芸能人にどちらがプロの演奏かを当てさせるもの。

 

登場したオケは日本センチュリー交響楽団と関西学院大学交響楽団。

関学のオケは学生オケとはいえプロと対抗するだけあって見事な腕前だ。

 

愉しみながら見ていると指揮者の後ろ姿に目が釘付けに・・・・

後ろ姿ながら、先月沼響の「第九」を指揮していただいた喜古恵里香先生ではないか!

574d9c00

録画を見直してみたら横顔もチラリと映っていた。

 

夜はオケの練習。

場所は沼津市民文化センター小ホール。

 

今年の初吹きは伊福部昭で。

チューバ奏者の置塩孝裕先生の指揮で、伊福部昭の「シンフォニア・タプカーラ」のほかシューベルトの交響曲第8番ハ長調「グレート」。

以上が今年の第40回定期演奏会の曲。

Dsc_1583-1

そのほか今月レコーディング予定の「沼津市歌」新バージョン。

「シンフォニア・タプカーラ」の何度も繰り返す野性的なリズムに自然と気分は高揚、皆のテンション急上昇。

 

いつのまにやら沼響も40年。

自分はいつまでオケを続けられるかな、と平穏な日常のありがたさを思う。

 

Youtubeは「シンフォニア・タプカーラ」第3楽章

 

|

« ホリガーとイ・ムジチのヴィヴァルディ | トップページ | 本日の練習、田中健先生でシューベルトの「グレート」第1、第2楽章 »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホリガーとイ・ムジチのヴィヴァルディ | トップページ | 本日の練習、田中健先生でシューベルトの「グレート」第1、第2楽章 »