« シルヴァン ・カンブルランのダフニス | トップページ | 緊急地震速報のチャイムは伊福部昭のシンフォニア・タプカーラ »

2024年4月 4日 (木)

小澤征爾、シカゴ響とのブリテン

曇り時々雨。昨日からの雨模様、気温は20度超え。

週末から気温が下がるようだ。

4月に入り人事異動で職場の顔ぶれが様変わり。

若い職員はもう知らない顔ぶればかり。

 

火曜から娘と孫が来ていて家の中が賑やかになっている。


434829114_7463764887076167_3209072962596

先週の金曜日は、沼津市民文化センターでクラシックレコードコンサートの解説だった。

内容は小澤征爾追悼特集。


434850411_7463764617076194_7347311678449

 

実は前回1月も小澤征爾特集で、最初3月は別の内容を考えていたが、逝去を受けて急遽差し替えることにした。


434827005_7463764783742844_8572105006999

 

沼津に小澤征爾が来演した時のプログラムが文化センターに残っていた。


434773911_7463765227076133_8822265489326

 

今回は小澤征爾のキャリアの節目節目の時期の演奏をセレクト。


Dsc_1865

 

中でもシカゴ響にプレートルの代役で登場しセンセーショナルな成功をおさめた後に録音されたブリテンの「青少年のための管弦楽入門(ナレーション無し)」は、小澤征爾がアメリカのメジャーオーケストラとの初録音(協奏曲の伴奏は除く)で、シカゴ響にとっても初レパートリー。

 

べらぼうにうまいオケを豪快にドライブした小澤征爾若き日の名演。

手に汗握る壮大な終曲フーガはシカゴ響の一大デモンストレーション

 

毎回アシスタントをしてくれる文化センターの職員がここで退職となり、4月から担当になる新しく採用された女性職員が見学に来ていた。

話をすると音楽に非常に詳しい。

尋常でない知識なのでいろいろと話をすると音大で楽理専攻だったとのこと!

しかもプラハ音楽院に留学してドヴォルザークの室内楽を学んでいたという。

これは驚いた。

自分よりも音楽はよっぽど詳しいじゃん。

 

Youtubeは小澤征爾指揮シカゴ響の「青少年のための管弦楽入門」

|

« シルヴァン ・カンブルランのダフニス | トップページ | 緊急地震速報のチャイムは伊福部昭のシンフォニア・タプカーラ »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルヴァン ・カンブルランのダフニス | トップページ | 緊急地震速報のチャイムは伊福部昭のシンフォニア・タプカーラ »